10歳の少年がクラスメートをワニから救う

アメリカのフロリダ州で起こったできごとです。地元の小学校から数キロの地点で、学校から帰る子どもたちをたくさん乗せたこのスクールバスの運転手が車両のコントロールを失ってしまいます。 ブレーキを力一杯踏みましたが、バスはそのまま道路を外れ、池に転落してしまいました。

「バスが全然言うことを聞かなかったみたい。運転手さんがブレーキを踏むのを見たけど、止まらなかったんだ」10歳のニコラス・シエラは振り返ります。これだけでも十分恐ろしいできごとだったはずですが、さらにこの湖はワニでいっぱいだったのです。悪夢としか思えません!

Gators

ニコラスはクラスメートが怖がってパニック状態になっているのを見て、1人行動に出ました。彼はまず、自分よりも小さな女の子を背負って、岸辺まで泳ぎました。

それから再びバスまで泳いで戻り、さらに2人の子どもを安全な場所まで運んだのです。

バスの事故を知った保護者たちは、残された子どもたちを救うために現場に駆けつけました。ニコラスのおかげで全員が無事でした。切り傷を負った子どもが1人いましたが、車両を除いて被害はその程度で済みました。

Youtube/Fox 13 News

10歳の子どもがここまでできるなんて!ニコラスがその場にいて本当に良かった。びっくりするほど勇敢な子です!

事故を報道したニュース番組の動画はこちらです(英語音声のみ)

コメント

おすすめの記事