ジョーク: 子孫を作るよう命じられたアダム

神はアダムを創造すると、彼に告げました。

「アダムよ、お前に頼みがあるのだ」

「神よ、なんなりとお申し付けください」

「谷へと下って行くと…」

「神よ、『谷』とはなんですか?」とアダム。

神はアダムに谷について説明してやり、そして続けます。

「川を泳いでわたり…」

「神よ、『川』とはなんですか?」またアダムが尋ねます。

神はアダムに川について説明してやり、そして続けます。

「そして丘を越え…」

「神よ、『丘』とはなんですか?」またしてもアダムが尋ねます。

©Pixabay/joeblack564

神はアダムに丘について説明してやり、そして続けます。

「丘を越えると洞穴がある…」

「神よ、『洞穴』とはなんですか?」またしてもアダムが尋ねます。

神はアダムに洞穴について説明してやり、そして続けます。

「洞穴の中でお前は一人の女に出会うであろう」

「神よ、『女』とはなんですか?」すかさずアダムが尋ねます。

神はアダムに女性について説明してやり、そして続けます。

「そしてお前たちはそこで子孫を作るのだ」

「神よ、どうやって『子孫』を作るのですか?」とまたしてもアダムが尋ねます。

神はため息をつき、苦虫を噛み潰したような顔でアダムに子孫の作り方を教えてやりました。

 

アダムは神に教えられた通りに、谷へ行き、川を泳いでわたり、丘を越え、洞穴の中に入り、女性に会いに行きました。

 

しかし…出発してからわずか数分でアダムは早々に神のもとへと戻って来るではありませんか。

あまりにも早く戻ってきたアダムの姿を見て、神はイラッとして言いました。

「今度はなんだ?」

「神よ、『頭痛』とはなんですか?」とアダムは神に尋ねました。

 

プレビュー画像: ©Media Partisans

出典

プレビュー画像: ©Media Partisans

コメント

おすすめの記事