毎日夫が亡くなったことに気付くアルツハイマー病の女性

アメリカ人のリサ・マリー・チェラソーリは、アルツハイマー病に苦しむ祖母のノーラ・ジョーと暮らしています。病院に向かう途中、2人はいつものように会話を始めます。ノーラがリサに話すのは、毎日この同じ話です。

毎日、夫が亡くなったことに気付くノーラは、その悲しみを繰り返し、繰り返し追体験するのです。アルツハイマーは精神的にも肉体的にも辛い、残酷な病気だということが伝わってきます。この動画はアメリカのアルツハイマー財団が、理解を深めるために作ったショートムービーです。家族や友達にも、ぜひシェアしてください。

コメント

おすすめの記事