小さすぎるキツキツの安いドレスのお陰で命拾いした21歳

2014年、英国ヨークシャーに暮らす当時21歳のゾエ・ターナーはパーティに着て行ったドレスが原因で災難に見舞われました。 しかし当初は苦痛もたらしたドレスでしたが、結果的にゾエはドレスに感謝することになります。

オンラインゲームで35ポンド(2018年3月現在約5,200円)で赤いドレスを購入したゾエ。さっそく届いたドレスを試してみましたが、あまりにもタイトなサイズでキツキツ状態、動くことはおろか、呼吸すらするのもやっとな有様でした。しかし、それにもかかわらず気に入ったものは着たいのが女心。ゾエはそのキツすぎるドレスをパーティに着て行くことにしたのです!なんとか着用すると、数人の友人とタクシーに乗り込みパーティに向かいました。

しかし、ドレスがキツくて苦しいどころではありません。そんな時に限ってさらに悪い出来事が起こります。なんとセメントミキサー車がタクシーに激突、運転手は車内から投げ出され首の骨を折るという悲劇に見舞われてしまいます。助手席に座っていたゾエはシートベルを装着していたため、幸いにも車外に放り出されることはありませんでした。事故現場に駆けつけた救急隊員らによって救命活動が行われました。後部座席に座っていたゾエの友人たちは意識不明でしたが、命に別条はありませんでした。

London

搬送先の病院で医師たちはゾエが胸骨の骨折や骨盤の損傷など複数の重軽傷を負っていると診断しました。しかし事故の衝撃にもかかわらず重軽傷で済んだゾエに病院関係者は驚きを隠せませんでした。なんと、医師の説明によるとあの赤いドレスがゾエの命を救ったというのです。

ドレスで命拾い、あまりにも意外すぎる命の恩人ですが....実はドレスがあまりにもキツかったため、コルセットのような締め付け効果を発揮、臓器がしっかり固定されていたため、骨が重要な内臓器官に突き刺ささるなど損傷を及ぼすことを防いだのです。もしゾエがこのドレスのように体を締め付ける衣服を着ていなければ、おそらく命を落としていただろうと医師らは語っています。

「この35ポンドのドレスは人生で最高の買い物だったわ!一生忘れることはないでしょう。お陰で命拾いすることができました」とゾエ。

タクシーの運転手は悲しい結末を迎えてしまいましたが、もし別のドレスをゾエが選んでいたら、もっと悲劇的な結果が待っていたことでしょう。ゾエは救命に励んでくれた救急隊員らに感謝し、生死の境を分けた運命のドレスとともに記念に写真を撮りました。

パツパツキツキツ、着ているだけでも苦しいドレスがまさか命を救うとは、誰が想像したでしょうか?パーティに敢えてそのドレスを選んだゾエ、強運の持ち主に違いありませんね。

コメント

おすすめの記事