ピットブル犬が赤ちゃんに向かってきて、男性はパニックに。でもその後の経験が彼を変えた。

人や動物、物などに対して、意味もなく悪い印象を持っていることってありますよね。

グレッグ・ヘイネンは、妻の愛犬であるピットブルとラブラドールの雑種犬「ザック」のことがどうしても好きになれませんでした。闘犬種ピットプルの血を引くザックを、恐れから敬遠していたのです。グレッグがそんなザックとの思い出を語っています。

「僕と妻は結婚前からそれぞれ犬を飼っていた。彼女の犬はピットブルとラブラドールの雑種犬で、それがザックだった。ザックと僕の相性は最悪だった。だから娘が生まれたとき、僕は妻にこう言った。『赤ん坊に噛み付くそぶりを少しでも見せたら、ザックはここにいさせない』

病院から帰った日、生まれたばかりの娘は車のチャイルドシートに乗っていた。家に入ると、犬たちが寄ってきて尻尾を振りながら彼女の臭いを嗅いで顔を舐めた。ザックがあまりにも舐めるもんだから、僕は赤ん坊から引き離さなくてはならなかった。ザックはそれ以降、娘の用心棒になった。彼女がカーペットの上にいるときは、ザックの前足も必ずカーペットに乗っていた。

ザックは娘のことをとてつもなく愛していた。そして娘が少し大きくなると、ザックは必ずベッドまで娘に着いていって一緒に寝るようになった。ザックは娘が2階に上がりたくなるタイミングをどういうわけか察知することができて、毎晩、階段の下で娘がくるのを待っていた。そして娘が来ると、一緒に部屋へと上がっていった。

ある日、そのザックが近所の子どもに毒を飲まされた。家族にとって、それは最悪な一日だった。キッチンに横たわるザックにさようならを言う娘を見守りながら、僕ら夫婦は涙を流した。

その晩、8時に娘が部屋に向かおうとしたとき、僕らはその日起こったことを改めて理解したような気がした。ザックが階段の下で待っていなかったのは、5年間でこれが初めてのことだった。

その時だった。

僕の犬、ザックじゃないもう一匹が立ち上がって娘に近づき、鼻先で彼女を軽くつくと、前足を階段にかけて娘の顔を見つめたんだ。娘が彼の首輪を掴むと、一匹と1人は一緒に2階の部屋へと上がっていった。

それからサムは6年後に亡くなるまで、毎晩、階段の下で娘のことを待っていた。」

Imgur

ザックがグレッグの娘の親友になれたことも、サムがその役目を受け継いだこともステキです。

コメント

おすすめの記事