ホクロに覆われた26歳ウクライナ人女性、その美しい姿に勇気をもらう

生まれたばかりの小さな赤ん坊は、頭からつま先まで大きな茶色いホクロに覆われていました。

ウクライナ人を母に、レバノン人を父に持つユリアナは、色素沈着や有毛性母斑といった異常を伴う、先天性のメラノサイト母斑を持っていました。皮膚がんなど原因にもなる見過ごせない症状です。医師たちはこれほど極端な例を見たことがなく、ユリアナの家族に、娘は数時間も生きられないかもしれない可能性があることを告げました。

しかしユリアナは今27歳の美しい女性に成長し、自らの人生を切り開いています。

大きな色素沈着によるシミがたくさんあるせいで、子供のころはジロジロ見られたりからかわれることもありました。

「学校ではダルメシアン、牛、それかキリンと呼ばれることもあった。でも私はいつでも前向きだったし、気にしないようにしていた」

ユリアナはインスタグラムやFacebookで、堂々と自分の違いを公開しています。

「メラノサイト母斑を持つ人たちに、他人の目を避けることなく普通の生活を送ることができるってことを伝えたい。生まれつき違うのは、みんなそう。私は私のままで幸せ。支えてくれる友人や家族がいて、素晴らしい仕事に恵まれている」

「神秘的で美しいあなたの姿には、勇気をもらえる」

ユリアナの写真の下に書き込まれたコメントは、その後こう続きました。

「5ヶ月になる娘も生まれつき大きなホクロがあって、だんだん増えているみたい。この子がこれから乗り越えていかなくちゃいけないことを考えると、悲しくなるときもある。でも、あなたの姿に慰められました。シェアしてくれてありがとう!」

「人を魅力的に見せるのは、個性や個人の人生経験。みんなが自分を愛すことができる、寛容と思いやりにあふれる環境を作っていけたらいいのにと思う」ユリアナは言います。

素敵な女性ですね。これからのユリアナを応戦しています!

コメント

おすすめの記事