死の間際で捨てられ亡くなった悲しすぎる老犬の動画、飼い主の責任について考えさせられる 

格子の間から鼻先を出して泣く老犬。この犬は病気でもう長くないから見ているのも辛いと、飼い主の老夫婦によって高知県にある中村小動物管理センターに持ち込まれました。それから3日後、毛布等を持ち込むために再び飼い主の夫婦がセンターを訪れます。しかし、そのとき二人は悲しすぎる事実を突きつけられることになります。

「見つけてくれてありがとう!」と題されたこの動画は、老犬の視点から描かれたストーリーです。

夫婦の愛犬は、センターに連れてこられてから2日目の朝を待たずして寒くて冷たい檻の中でひとりさみしく亡くなっていたのです。

老夫婦が最後の最後で愛犬を手放してしまったときの詳しい事情はわかりませんが、大好きな主人を待っていた犬の気持ちを思うとやるせなくなります。戻ってくる程の思いがあるのなら、どうして最期を看取ってやることができなかったのか。この鳴き声は、忘れられそうにありません。

2013年の動物愛護管理法の改正により、ペットを最後まで世話をする責任は飼い主にあることが明記され、自治体は受け取りを拒否できるようになりました。しかし、全国の動物センターや保健所に「飼えなくなってしまった」ペットを持つ込む人たちは後を絶ちません。この子のように寒さに震えながら誰かを待ち続けてるペットたちが全国には数万匹もいて、その大半が殺処分などの死に直面しています。

ペットを飼う人は年々増えており、その理由や種類も様々です。しかし同時に、最期まで責任を持って飼うという責任を果たせなかった結果、多くの尊い命が奪われています。 犬が飼い主ほど一緒にいたい相手はいないのです。そんな忠犬たちに「見つけてくれてありがとう」などと死んでしまった後に言わせてはなりません。

この老犬のメッセージをシェアしてください。1人でも多くの犬がこのような悲しい最期を遂げずに済むことを願っています。

コメント

おすすめの記事