映画「フィフス・エレメント」のディーバの歌声を再現する天才少女達

当時13歳のヴィクトリア・ホヴハニシャンはオーディション番組「The Voice」のロシア版に出場しました。ヴィクトリアが選らんだのは、リュック・ベッソン監督の映画「フィフス・エレメント」に出てくる青い宇宙人のオペラ歌手が歌う「ディーバ」と呼ばれる曲です。この曲、何人かのオペラ歌手の歌声を合成して作られた歌で、実際には一人で歌唱するのは不可能と言われています。

果たしてビクトリアは、この世には存在してはいけない宇宙人の歌声を再現できるのでしょうか?

鳥肌が立ちませんでしたか?13歳の少女とは思えない、堂々たる歌いっぷりも素敵ですね。もう一度映画を見直して比べてみたくなりました。この少女テレビに出演したおかげで、現在ロシアで少しずつ人気が出てきているようです。

コメント

おすすめの記事