【日本人のため】夫が車にはねられ、重体だと電話が入った。その理由を知って私はその場に崩れ落ちた…。

2017年12月3日、あるアメリカ人女性がFacebookに投稿した記事が、12月5日現在の時点で3万件近くシェアされ注目を集めています。 彼女の名前はマリア・トルヒヨ。夫のヘクターは沖縄に駐留する米海兵隊の曹長を務めています。日本文化や日本食が好きな2人はアンソニー、アダム、アンバーの3人の子宝に恵まれ、沖縄で順風満帆な生活を送っていました。しかし12月1日の午前5時ごろ、幸せだったマリアさんの生活に悪夢が訪れます…。

左からマリアさん、アンソニー君、ヘクターさん

Facebook/maria.trujillo.735

その日の早朝、マリアさんの夫のヘクターさんは海兵隊員の同僚たちと共に訓練へ向かっていました。時計が5時を回った頃、沖縄自動車道を走っていたヘクターさんは衝突事故の現場に遭遇します。5台もの車が絡んだ大事故を目撃した彼は路肩に停車し、車から降りて怪我人の救助に向かいます。海兵隊として救助の訓練も積んでいたであろうヘクターさんはきっと自分なら人助けができるに違いないと思ったのかもしれません。事故に巻き込まれた日本人男性をつかんで、路肩に移動させていたその時…。

Facebook/maria.trujillo.735

ヘクターさんは後ろからきた車にはねられてしまいます。事故被害者を救出する事に専念するあまり、後ろから来る車に気づかなかったのでしょう。高速で突進してきた車にヘクターさんは為す術もありませんでした。頭蓋骨骨折、頸部外傷、脊椎損傷を負い重体のヘクターさんは、沖縄本島中部の病院に搬送された後、アメリカ本土に運ばれ、現在カリフォルニア州・サンディエゴにあるバルボア海軍病院にある集中治療室に収容されています。

マリアさんがFacebookに投稿したヘクターさんの現況

Facebook/maria.trujillo.735

彼が助けようとした日本人男性は奇跡的にも軽傷で、ヘクターさんが最初に運ばれたのと同じ本島中部の病院で治療を受けたそうです。現時点でヘクターさんの容態はまだ安定しておらず、昏睡状態です。

ヘクターさんの子供たち

Facebook/maria.trujillo.735

沖縄では、2017年11月にも海兵隊員が飲酒運転で事故を起こし地元の男性が亡くなりました。米海兵隊員が起こす事件や事故は後を絶ちません。 しかし、毎年のように交通事故などに遭遇した海兵隊員が救助活動を行なったという報道があることもまた事実です。ヘクターさんもまた1人の男性の命を助けようと、自身の危険を顧みず行動に出た1人のアメリカ人海兵隊員です。インターネット上では高額になるであろう彼の治療費を集める募金も行われており、すでに日本人と見られる方からの募金も確認できます。一刻も早くヘクターさんの意識が戻り回復されることを心からお祈り申し上げます。

コメント

おすすめの記事