患者がパンツを下ろした瞬間、看護師は礼儀を完璧に失った。

看護師は、彼の問題が何であろうと絶対に笑わないと約束した。【下ネタ注意】

 

泌尿器科でのこと。女性の看護師が男性患者に服を脱いで診察用のガウンに着替えるように言いました。

男性は恥ずかしそうに聞きます。

「あなたの前で?」

看護師は慣れた様子でこう返事しました。

「私が男性の裸を見たことないとでも?はい、そこでお願いします」

「僕のような体はきっと初めてだと思う。笑い死にしてしまうかもしれないよ?」

「私は看護師ですよ。笑うわけないでしょう。20年以上この仕事をしてるけど、患者さんの体を見て笑ったことなんてないわ」

「そう、わかった」

男性は服を脱ぎ始めました。次の瞬間、看護師の目の前に現れたのは、体つきの良い男性の肉体と、今まで見たことないほど小さな一物でした。それは長さも幅も単4電池ほど。

あまりの衝撃に、思わず笑いが込み上げて来てしまいました。笑ってはいけないと思うと余計に可笑しくてたまらなくなり、看護師はとうとう患者の前で声を上げて笑ってしまったのです。

しかし患者の大事なところを見て笑ってしまったことをすぐさま後悔した彼女は、平静を取り戻そうと必死に取り繕います。

「笑ってしまってごめんなさい。一体どうしちゃったのかしら。看護師の誇りにかけて2度と笑わないって約束するわ。ところで今日はどうなさいましたか?」

すると患者はこう答えました。

「腫れてるんです」

看護師は我慢できずに部屋を飛び出しました。

Nursing students

コメント

おすすめの記事