【史上もっともキスされた少女】生きたままダミー人形となった少女。男たちの欲望に翻弄された最期は足が震えるほど残酷だった。

facebook / Skills England

もしかすると皆さんも、これにキスしたことがあるかもしれません。心肺蘇生のトレーニング用などによく使われる、このダミー人形。今も世界中の人々から口に息を吹き込まれているこの人形には、実はモデルがいることをご存知ですか?今回ご紹介するのは、130年の時を経てもなお人々の好奇心をかき立ててやまない実に怪奇なストーリーです。

Twitter / scallop_cheeks

そもそもこのダミー人形は、ノルウェーのソフトプラスチック製玩具を販売しているレールダル社が1960年に医療用マネキン「レサシ・アン」を発表したことがきっかけで広まりました。以後、おなじみのこの顔は医療用ダミー人形の代名詞的存在となっています。しかしそもそもこの「レサシ・アン」は、ある人物のデスマスクをモデルにしています。

facebook / Laerdal Medical USA

その人物は、「セーヌ川の身元不明少女」と呼ばれ、ヨーロッパ中に知られた存在です。伝わる逸話はこうです。

1880年代の終わり、パリのセーヌ川のルーブル河岸から一人の女性の遺体が引き上げられます。外傷がなかったため自殺と考えられ、年齢は16歳ほどと推定されました。そのとき遺体の検査にあたった病理医が、遺体のあまりの美しさに恋に落ちてしまい、こっそりと石膏で型を取ったと言われています。数年もしないうちに、このデスマスクの複製品はあっという間にパリのボヘミアン集団に広まり、不気味な内装品として部屋に飾られ、多くの人々の好奇の対象となりました。その影響力は非常に強く、カミュをはじめ、リルケ、ナボコフといった世界中の文豪たちが、このデスマスクからインスピレーションを受けたと言われています。

facebook / La Mecánica del Caracol

しかしここで、いくつもの疑問が湧きあがります。

デスマスクがパリ中に広まったのにもかかわらず、なぜこの少女は身元不明のままなのか。この少女は溺死したにもかかわらず、なぜ幸せそうな微笑みをたたえているのか。そして溺死体がこのような美しい外見を保つということがあり得るのだろうか…この少女にまつわる謎はあまりにも多く、時を超えて議論の対象になってきました。そして、そもそも、この少女の死因は本当に溺死だったのだろうかという根本的な問いかけすら存在しているのです。というのも、デスマスク作成を命じられ作業に当たったロレンジという石膏職人が、不気味な発言をしたという記録があるからです。

「実はデスマスクの型を取った時、少女は生きていた」

flickr / uriel1998

もしデスマスクを作った際に少女が生きていたとすれば、美しい形状を保っていたことに説明がつきます。微笑みを讃えているのも、眠っていたと考えれば不思議ではないかもしれません。しかし当然、生きたままの状態で石膏の型に入れたとすれば、とんでもなく残酷な殺し方であることは言うまでもないでしょう。

運ばれてきた少女の身体に病理医が何をしたのか、非常に不気味な憶測も飛び交い、多くの人々の好奇心をかきたてました。しかし事が起きたのは19世紀のフランス、今となっては真相はすべて闇の中です。

facebook / Lisa Maria

それから100年以上の時が経過してもなお、医療用人形に姿を変えたこの少女には文字通り毎日息が吹き込まれ続けています。そしてその心肺蘇生トレーニングの成果によって、世界中で何万人もの命が救われ続けています。聖母のような微笑みをたたえた少女、もしかすると、人々の命を救うために天から遣わされた何者かだったのでしょうか。この少女に関する議論は、未来永劫続いていくに違いありません。

コメント

おすすめの記事