命に代えて妹を守った被災者に宛てた消防士からの手紙 

2016年8月24日に発生したイタリア中部地震で、恐ろしい地震がイタリアを襲い、ローマの北150キロに位置する村ペスカラ・デル・トロントは壊滅的な被害を受けました。 救出活動が開始されてからしばらく経ったころ、レスキュー隊が瓦礫の山と化した建物の下から4歳のジョルジア・レナルドを発見しました。地震発生から16時間後に発見されたジョルジアは、驚くべきことにまだ生きていました。彼女が生きていられたのは、同じ残骸の中から遺体で発見された9歳の姉、ジュリアのおかげでした。ジュリアは地震が起こった際ジョルジアの体を抱きしめて、自身の命を賭して妹を守ったのです。

このことに心動かされたある消防士はジュリアに宛てて別れの手紙を書き、棺の上に置いていきました。

「こんにちは、可愛い人。

君を瓦礫の監獄から助けようとするのに、僕は手伝うしかできなかった。到着したのは遅すぎたなら、許してください。君はすでに息を引き取っていました。でも私たちは君を救おうとできるだけのことをしたということを、天国にいる君にわかってほしい。それは知っておいてもらいたい。僕がラクイラの自宅に帰ったら、空から天使が見守ってくれているはず。君は夜空に光る星になるでしょう。

ジュリア、さようなら。知り合えなかったけど、愛してます。

アンドレア」

発見の瞬間を捉えた映像がこちらです。

新聞に掲載されたこの手紙はネットを通じて拡散され、世界中の人々の心を動かしました。消防士の一通の手紙により、ジュリアがとった勇敢な行動は多くの人に語り継がれていくことでしょう。

コメント

おすすめの記事