ジョーク:飲み過ぎて失敗したと思ったら大成功していた

 ベロンベロンに酔っぱらった状態で帰宅した夫。翌日起きたとき、彼は衝撃を受けます。

 ジャックはひどい二日酔いで目覚めました。

 普段はあまり飲まない彼ですが、会社主催のパーティーに出席して少々羽目を外してしまったのです。昨晩のお酒は、まるで水のように飲むことができました。

  ジャックは自分がどうやって家までたどり着いたかすら覚えていません。ダルさと戦いながら、自分は昨日の夜とんでも無いことでもしたのではないかと心配しました。

 ふとベッドサイドのテーブルに目をやると、そこには彼のために用意された水の入ったグラスと頭痛薬が2錠置いてありました。横には、バラの花まで添えてあります。

 体を起こし、ジャックはさらに驚きます。着替えが用意されていたのです。洗濯したての服には、アイロンがかけられていました。

 それだけではありません。ジャックは寝室が綺麗に掃除されていることに気づいたのです。寝室だけでなく、家の隅々まで完璧に掃除されていました。

 ジャックは頭痛薬を飲むと、バスルームに向かいました。鏡を見て、目のまわりに青あざができているのに驚きます。さらに、鏡には妻からのめっもが貼ってありました。赤いペンで書かれたメモには、無数のハートマークとキスマークがついています。

「ハニー、朝食はオーブンの中にあるわ。今晩は、あなたの好きなものを作りたから、食材を調達するために今朝は早起きをして買い物に行ってくるわね。愛してるわダーリン!愛を込めて、ジリアンより」

 キッチンへ行くと、そこにはジャックのために温かい朝食、できたてのコーヒー、そして朝刊が用意されていました。息子もテーブルについて朝食を食べています。ジャックは息子に尋ねました。

「なあ、昨日の夜、いったい何があったんだ?」

「覚えていないの?パパは朝の3時過ぎに帰ってきたんだ。もう超よっぱらってたよ。テーブルにぶつかって壊して、ドアにも頭から突っ込んでいっちゃてさ」

 ジャックは混乱します。

「じゃあ、どうして今朝はすべてが完璧までに片付けられているんだ?パパは朝食を用意してもらえたし、バラまでもらっちゃったぞ」

「ああ、そのことね。ママがパパをベッドに寝かせようと引きずっていったんだ。それから、ズボンを脱がせようとしたら、パパがこう叫んだからだよ。『やめてくれ!僕には妻がいるんだ!』ってね」

壊れたテーブル:239.99ドル

温かい朝食:4.50ドル

頭痛薬2錠:0.38ドル

正しいタイミングで口にした正しい言葉:プライスレス。

 

コメント

おすすめの記事