ビキニ姿の美しい女性を目にして、無人島で生活していた男性はこれ以外考えられない。

何年にもわたる無人島暮らしというのは、まさに俗世を離れた時間なのかもしれません。

flickr

無人島に漂着したある男性は、島で生活して10年になります。ところがある日、浜辺でウェットスーツを着た若くて美しい女性に出会いました。

男性:「やぁ!初めまして」

女性:「こんにちは。あなたどうやら随分長いこと文明と離れた生活をしているようね。最後にタバコを吸ったのは、いつ?」

男性:「そうだな、10年前が最後ですね」

すると女性はウェットスーツのジッパーを少しおろして胸元からタバコを取り出し、男性に手渡します。

女性:「じゃあお酒は?」

男性:「流れてきたボトルの最後の一滴を口にしたのは9年前でした」

女性はジッパーをさらに下までおろし、フラスクボトルを取り出しました。

目を輝かせた男性はウィスキーをゴクリ。

そして女性がウェットスーツのジッパーをさらに下げると、ビキニ姿の豊かなボディが露わに。

そしてこう言います。

「じゃあ、最後に楽しいことしたのはいつ?」

男性は踊り上がってこう叫びました。

「神様仏様!君、もしかしてそこにプレステを隠し持ってるってこと?」

コメント

おすすめの記事