娘2人との写真が撮りたかった夫婦。でもそこには忘れることができない死者の姿があった。

2011年、ケイティとジャスティン・パッテンは、2人の間に双子の赤ちゃんができることを知って大喜びしました。 2人は出産日を心待ちにしならがら、家族で過ごす毎日を夢見ていました。

しかし、残念ながらこの夢は叶うことはありませんでした。23週目でケイティの陣痛が来てしまったのです。双子の男の子、アイデンとギャヴィンは早産で生まれてから数日後に息を引き取りました。

dark sadness and fairytale forest

ケイティとジャスティンは息子達を忘れることができず、再び子供を作る気持ちになるまでには暫く時間がかかりましたが。しかし数年後に長女エイヴァが誕生し、ケイティとジャスティンは再び親となります。それから3年後には次女のギリアナも生まれました。

娘達との幸せな暮らしを記録したいと考えたケイティは、家族写真を撮るために写真家のリンダ・ジッティンズに連絡をとりました。しかし撮影当日、ケイティは悲しい気持ちで一杯でした。

ケイティは双子達のことを思い出していたのです。そこに2人の息子達がいないことが、なんともやるせなかったのです。ケイティとジャスティンは、エヴァとギリアナに2人の兄がいたことを伝えたいと考えていました。小さな天使になった2人の兄が、いつまでも妹達を見守ってくれていることを教えてあげたかったのです。

こうして、この写真のアイディアが生まれました。リンダは家族の写真に双子の影を入れてくれたのです。影の本当の持ち主はパッテン家の近所に住む家族の息子で、ちょうど双子が成長していれば同い年の男の子でして。ケイティとジャスティンは出来上がった写真に感激しました。

この家族写真は、パッテン家の自宅の暖炉の上に飾られています。死者は蘇りませんが、記憶には生き続けるということを美しく表現した一枚です。

コメント

おすすめの記事