高齢者を助ける心優しい夫に再び恋をした妻

他人のほんの小さな行為や言葉が心に突き刺さった経験はありませんか?本人が意識していない些細な行為が人の心を深く動かすことがあります。 夫のクリスと週末の買い物を済ませ帰宅する途中、タラ・カーターはこのことを実感しました。

タラは車を運転するクリスと冗談を言い合いながら、午後をゆっくり過ごすのを楽しみにしていました。すると突然クリスが車を止め黙り込み、たった一言こう告げます。

「食料品を家に下ろしたら迎えにきてくれ」

タラが意図を測りかねていると、クリスは車を出て行きました。とにかく夫を信頼していたタラは運転席に移ります。そしてクリスがどうしてこんなことをしたのか気がついたのです。

クリスは芝刈り機のコントロールに苦戦していた高齢の男性にゆっくりと歩み寄り、この見知らぬ男性と何か言葉を交わすと、クリスは芝を刈り始めたのです。一部始終を見ていたタラの目から涙が溢れ出しました。

こんな人だからこそ、タラはクリスと結婚したのです。クリスの喜んで人を助ける姿勢、正直で温かな心こそ子供達に引き継いで欲しい資質でした。

タラがオンライン上に投稿したこのエピソードは何千人もの人々の心を動かしています。

その日、タラは夫に再び恋をしたそうです。クリスにとって人助けをするのは特別なことではなく、習慣的なことだといいます。クリスのように困っている人に手を差し伸べられる人の存在や、小さな善行の積み重ねが、世界をより良い場所へと変えていくのではないでしょうか。

コメント

おすすめの記事