上司は妊娠中の従業員に、彼女の給与明細に何をするかを伝えた。衝撃的。

タミ・フォーブスは8歳の双子の母親で、3人目を妊娠中でした。タミは、食品会社「キーウエスト・キーライム・パイ・カンパニー」のレストランでマネージャーとして働いていますが、ここでも給料は安く、税金を引かれた後に手元に残るの額は週でわずか300ドル(約3万円)。 そのため、少しでも多く稼ぐために夜間バーテンダーとして働くこともありました。

タミが産休に入る直前、上司であるマーカス・レモニスがタミに話があると彼女を呼び出し、真剣な面持ちで話をはじめます。

Youtube/CNBC Prime

「まずは、私たちが君をとても必要としてるということを伝えたい。子供を産むのは大切なことかもしれないけど、産休に入ってしまう前もきちんと頑張って貰いたいと思っている。私には他にもいろいろやらなきゃいけない仕事がある。だから君にこの場をリーダーとして取り仕切ってもらいたいんだ。いい?」

「えぇ、もちろん」状況が良く掴めない様子で短く返事をするタミ。

Youtube/CNBC Prime

マーカスは続けます。

「でも君が安心して働けるように、少しお金をあげたいと思う。君には、6ヶ月分の給料相当金額を贈ることにした」

この上司からの思わぬ言葉にタミは驚き、涙ぐみます。タミの仕事は産休中に給料が支払われない契約だったのです。

Youtube/CNBC Prime

「戻ってきたら、君にこの場を完全に仕切ってもらう。そして、これからはバーテンダーとして働かなくてもいいように一週間1000ドルの給料を支給するよ。いいね?」

感激のあまり言葉に詰まるタミ。

Youtube/CNBC Prime

「小切手を送る。そうすれば産休中しっかり休んでいられるでしょう?戻ってきたら、ボスとして頑張ってね」

Youtube/CNBC Prime

会社からの嬉しいサプライズの瞬間は、こちらの動画でご覧頂けます。(英語音声のみ)

従業員を大事にしている会社って素晴らしいですね!頑張れタミ!

コメント

おすすめの記事