護身用品を身を張って実演するバカ正直な店長

「では足に当ててみます」

カメラに向かって神妙な面持ちでそう語るのは、護身用品専門店「KSP」店長の白石浩一さんです。「正直な商売をする」をモットーに身を張って商品を実演する動画が、話題を呼んでいます。

白石店長の手に握られているのは、国内最強スタンガンとされる「TMM社マグナム-Xバトン・L S-168」です。出力は130万ボルトを発生し、一瞬で相手を無力化するというこのスタンガンを自ら体に当て、その威力と安全性を証明してくれるというのです。

Youtube/kspmovie

電流値も限界­まで高められたスタンガンから空中放電(スパーク)が発生します。表情も正直な白石店長、あまり乗り気ではなさそうです。

Youtube/kspmovie

そしていよいよ...

Youtube/kspmovie

スイッチオン!

Youtube/kspmovie

 鈍い音とともに、白石店長の顔が歪みます。一瞬で崩れ落ちます。

Youtube/kspmovie

画面から消えてしまいました。

Youtube/kspmovie

動画はこちらです:

Stun Gun(スタンガン)とは「気絶させる銃」の意味です。目的は相手を無抵抗な状態にするためのもので、殺傷することはできません。しかしその衝撃はしばらく立てなくなるほどで、白石店長も強烈なショックで全身がひき­つり40秒ほど動けなくなってしまいました。それにしても、白石店長はどうしてこんな体を張った実演方法を選ぶのでしょうか....。

その答えのヒントは、店長のプロフィール文にありました。

「性格はとにかくバカ正直と言われます。こういったオンラインショップでも私の基本は変わりません。運営理念はズバリ『正直な商売をする』です。

正直で客観的な商品や情報は、必ずお客様のお役に立てるものと信じています。

ウソは嫌い。過大広告も嫌い。このサイトも含め、全ては真っ正直に続けていきます。」

あなたはどう思いますか?馬鹿正直な白石店長の実演演技には、「カッコいい」「評価してあげてほしい」と賞賛の声が多く寄せられています。オンラインショップでは、白石店長による90万ボルトのスタンガン&最強催涙スプレー(防犯スプレー)などの実演動画も公開されています!「本気」を感じさせてくれるウソのない商品紹介に、感激してしまうかもしれません。白石店長、これからも頑張ってください!

コメント

おすすめの記事