閲覧注意: 半人半獣?奇妙な生物に慄く南アフリカの村人

注意: この記事にははショッキングな画像が含まれます。

南アフリカ、レディーフリアの人口4000ほどの集落に突如出現した不気味な生物に住民は震撼しました。家畜の羊が出産した赤ちゃんは死産であったものの、その奇妙な姿に地元住民は悪魔から送られた半人半獣の「闇の使い」だと恐怖に駆られました。生き物の写真がSNSに公開されると、たちまちネットで騒動が巻き起こりました。恐怖の迷信に慄く村人を安心させ騒げを鎮めるため、村に派遣された獣医は謎の生物の遺体を調べました。

「投稿された写真は確かに実際のものであり、加工された写真ではありませんでした。レディーフリアの農場で羊が出産した子羊は重度の奇形状態で、一見、人間の体つきにも似ていました」と、調査団リーダーのルババロ・ムルウェビ獣医は説明しています。

おそらく妊娠初期段階で母羊はリフトバレー熱(羊など家畜が妊娠中に羅漢するとしばしば流産を引き起こす原因となる疾患)に感染していたとされています。

「胎児がウイルス感染したことにより、発育が阻害され、このような奇形状態で生まれたのでしょう。人間のように見えますが、人間との関連性は一切ありません」とムルウェビ獣医は語っています。

しかし科学的根拠に基づいた説明にもかかわらず、この人とも動物とも言えない衝撃的な姿を見た村の住民は未だに恐怖を拭い去ることができないようです。

出典

Daily Mail 

コメント

おすすめの記事