難病を抱え「化石少女」と呼ばれた女の子の感動的な物語

このエピソードは人生に対するある大切なメッセージを投げかけ、多くの人々の共感を呼んでいます。物語の主人公は、若く、困難を恐れず立ち向かう母親のステファニアと娘のベアの母娘です。今から数年前、妊娠がわかったときのステファニアと夫はまさに天にも昇る気持ちだったといいます。2人は大きな幸せを感じながら、第一子となる女の子が生まれてくる瞬間をずっと楽しみにしていました。

Since quel giorno che i nostri sguardi si sono la prima volta incontrati io dopo pochi secondi ero già Perdutamente ...

Pubblicato da Il mondo di Bea su  Martedì 6 giugno 2017

そして、待望の娘ベアが生まれます。出産直後の検査では、ベアはいたって健康な赤ん坊でした。一家は新しい一員を迎え、育児に奮闘しながら幸せな日々を送っていました。ところが、ベアが7カ月目を迎えたある日、誰もが予期しなかった出来事が一家を襲います。その日ステファニアはいつものように十分注意しながらベアをお風呂に入れていましたが、どうしてかベアは手首を骨折してしまいます。ステファニアは動転しながらもすぐに娘を連れて病院へと直行しました。しかし、そこでベアの検査を行った医師から、予想もしていなかった宣告を受けることになります。それは、医師もこれまで見たこともないような症状でした。この病気は類似の症例が報告されたこともないほど極めて珍しく、体中のあらゆる関節が石灰化してしまうというのです。そして、近い将来ベアは完全にマヒ状態となり、まるで生きた彫像のような状態に陥ってしまうというのです。それ以降、ベアは「化石少女」として話題になっていきます。

幸せな生活を送っていた一家の日常は一転、娘が直面する恐ろしい運命に怯える日々を送るようになっていきました。さらに悪いことは重なります。娘の病気が診断されてから間も無く、ステファニアの体に腫瘍が発見されたのです。ステファニアは、若くして娘の奇病と自らのガンという大きな2つの問題に直面することになります。それでもステファニアは娘の幸せな人生を最優先に、毎日できることを精一杯やっていきました。

ステファニアは、ベアの他に類を見ない病気の研究調査をサポートしようとウェブサイトや団体を設立しました。

何年もの間夫妻とベアは、家族や友人、地域の人々からだけでなく、このエピソードを知って心を打たれた国内外の人々からたくさんの励ましと支援を受けてきたそうです。 

絶望的とも言える困難にも希望を捨てず精一杯立ち向かってきたステファニアでしたが、残念なことに先日息を引き取りました。1人の女性として、そして母親として闘い続けたステファニアのご冥福をお祈りします。

ベアが助けを必要としている状況は今も続いています。一人でも多くの人がベアの病気ついて知り、病気の研究調査がいち早く進むことを願っています。ステファニアとベアの笑顔は、人生がいかに困難な状況でも、今生きているこの瞬間がかけがえのないものだという大切なメッセージを投げかけているのではないでしょうか。

コメント

おすすめの記事