心ない飼い主が体中ハチに刺されたピットブルを捨てる

犬。それは人間の永遠の親友であり、主人に対して一生をかけて忠誠を貫く動物です。しかし、残念なことに人間は犬に対して同様の接し方をしないことがあります。 今回ご紹介するスティンガーの場合もそうでした。ピットブルとの雑種であるスティンガーが生後10カ月ほどだったとき、この子は最悪の状態で獣医に運び込まれることになります。

スティンガーは、体中何百か所にわたってハチに刺されていました。どうやらこの子は誤ってハチの巣に突っ込んでしまい、ハチから猛攻撃を受けたようです。さらにまずいことに、スティンガーはハチに対してアレルギーを持っていました。そのため飼い主は恐れからか、なんと動物病院にこの子を押し付けたまま立ち去ってしまったのです。

動物病院ではスティンガーの必死の治療を進める一方、何とか飼い主を探し出そうとします。しかし、飼い主の男性は特定できる情報を何も残していかなかったのです。

その後、ミシガン州にある「LuvnPupz」という動物保護団体がスティンガーを保護することになりました。スティンガーはハチに刺された後遺症に加え、皮膚病も患っていました。LuvnPupzの創設者カーリ・シパイラは、スティンガーに命の危険が迫っていると感じていたといいます。

非常に弱っていたスティンガーでしたが、それでもその愛嬌と魅力で施設の職員たちを癒してくれました。

「この子はとてもつらい状況にあるにもかかわらず、私の膝の上に頭を乗せて甘えてくるほど人懐こかった。彼はずっと、こういった触れ合いと愛情を必要としていたの」カーリは話します。

やがて周りから与えられる愛情が効いたのか、スティンガーの容態は少しずつ好転していきます。ちなみに、スティンガーの治療にかかった費用は、LuvnPupzのウェブサイトで募った募金に支えられたということです。

スティンガーの治療の過程はFacebook上で公開されました。多くの人が、炎症を起こして腫れた皮膚の中にいた、優しく美しい姿に心を動かされました。

スティンガーはその後、新たな家族に引き取られることが決まりました。新しい飼い主は、この子を愛し、絶対に捨てたりなどしないと固く誓っていたそうです。

獣医や動物保護団体のスタッフがあきらめず頑張り、何よりもこの子が一番必要としていた「愛情」を惜しみなく注いでくれた結果、スティンガーはハッピーエンドを迎えることができました。

コメント

おすすめの記事