月経血の付いたヨガパンツでポーズを決めるヨガ講師

ヨガ講師のステファニー・ゴンゴラは、ヨガの画像や動画をソーシャルメディアのチャンネルに定期的に投稿しており、インスタグラムのファン数は256,000名にも及びます。

最近ステファニーは上級者向けのヨガポーズセッションの動画を録画中、どの女性にも起こりうるあるコトに突然気づきました。当時、生理中であったステファニーはタンポンを使用していましたが、タンポンから漏れた経血がヨガパンツに染みていたのです。

録画を一旦停止しようかと一瞬躊躇したステファニーでしたが、最終的には少し、いやかなり変わった決断を下しました。実際に着替えようと中断したものの、その後戻りヨガのセッションをカメラの前で続行したのです....それも白のヨガパンツで!

様々なヨガポーズを通して、脚の間の赤いシミは一層一目瞭然となりました。

 

I am a woman, therefore, I bleed. . It's messy, it's painful, it's terrible, & it's beautiful. . And yet, you wouldn't know. Because I hide it. . I bury things at the bottom of the trash. I breathe, ragged and awkward through the cramps, all the while holding onto this tight lipped, painted on smile. . Tampons? Shhh. We don't say those words out loud. Hide them. In the back pocket of your purse, in the corner of the bathroom drawer, at the very bottom of your shopping cart (please let me get a female cashier). . Events or engagements get missed. I'll tell myself it’s the PMS, sure, but it has more to with the risk of being "caught," at what...I'm not quite sure. . And I’m lucky. . Over 100 million young women around the globe miss school or work for lack of adequate menstrual supplies, & fear of what might happen if the world witnesses A NATURAL BODILY FUNCTION. . WHY? . Because hundreds of years of culture have made us embarrassed to bleed. Have left us feeling dirty and ashamed. . STOP PRETENDING. Stop using silly pet names like Aunt Flo because you're too afraid to say "I'm bleeding" or "vagina." Stop wasting so much effort hiding the very thing that gives this species continuity. . START talking about it. Educate your daughters. Make them understand that it can be both an inconvenience and a gift, but NEVER something to be ashamed about. Educate your sons so they don't recoil from the word tampon. So when a girl bleeds through her khaki shorts in third period (pun intended), they don't perpetuate the cycle of shame and intolerance. . This #StartSomethingSunday , I want to highlight @corawomen . . Cora Women is a 100% Organic tampon company. . But that’s not all. They are also breaking barriers. Making it ok to talk about periods, even on social media. Providing personalized, delivered tampon/pad orders right to your door. AND for every box purchased, donating a box of sustainable pads to girls who can't afford menstruation products. . Fuck yeah. That's the kind of stuff I can galvanize behind, NO money OR product needed. Just a mission I support on a topic we should ALL be talking about. . THIS IS JUST A LEAK, NOT FREE BLEEDING ✌

Ein Beitrag geteilt von Steph Gongora (@casa_colibri) am

 ステファニーの問題の動画はすでに350,000回以上再生され、数多くの肯定的なコメントだけでなく、嫌悪感を露わにした怒りのコメントも寄せられました。賛否を読んだ問題の動画に対するステファニーの機知に富んだ素晴らしい弁明を一部抜粋してご紹介します。

「世界中の10億を超える女性たちが、生理用品が十分に支給されない環境のもと、生理期間中に学校や職場に行けなかったり、不安を抱えています。自然な身体機能の一つであるのに、なぜなのでしょう?何百年にも渡って私たち人間は生理の出血が恥ずかしいものとして文化的に刷り込まれてきたからです。穢れや、恥ずべきものとして受け止めていたのです。」

「もうそんな考えは止めましょう。本来ならば種の存続に欠かせない生理現象であるのに、敢えて隠そうと無駄な時間を費やすのを止めましょう。」

「もっと公に話題にするべきです。あなたの娘にもそう教えてあげてください。それが不都合な面と素晴らしい資質の両面を併せ持つこと、しかし決して恥ずべきものではないということを理解できるよう導いてください。」

「あなたの息子が『タンポン』というフレーズに怯むことのないよう、教育すべきです。そうすれば仮に女の子がクラスメイトの前でショートパンツに経血のシミをにじませてしまっても、いつまでも耐え難い恥ずかしい思いを引きずる必要もないのですから」

ステファニーは、ナプキンやタンポンなどを一切使わない「生理用品フリー」信奉者ではなく、ただ経血のシミを隠さずにありのままに受け入れることを推奨しているだけだと明言しています。彼女にとって正々堂々と明確な意見を述べることに意義があったのだといいます。

もちろん、他人の私的な身体機能の話題を目の前に突きつけられることに違和感や不快感を感じる場合もあるのですから、ステファニーの行動をどう受け取るかは人それぞれです。

しかしステファニーの主張も一理あるのかもしれません。怒りのコメントを寄せた人々のようなリアクションが無くなれば、生理とはごく普通で重要な生理現象の一つとして女性が恥じることもなくなるでしょう。

それにしても、何という大胆で率直な投稿!

コメント

おすすめの記事