本日のジョーク:精子のサンプルを医師に渡せなかった男性の話

このおじいさんが病院を訪れあることを話すと、医師は縮み上がってしまいます。(*下ネタ注意)

 85歳のある男性は、検査のため精子の数量調査をしなければなりませんでした。医師は男性に容器を渡して言いました。

「家に持ち帰って、明日サンプルを持ってきてください」

翌日、85歳の男性は医師の診察室に再び現れ、前日と同じピカピカのままの容器を渡しました。

医師が何があったか尋ねると、男性は説明し始めました。

「いや先生、こういうわけなんです。最初は右手でやってみましたがダメ。左手でやってみたけどそれもダメ。それで妻に頼みました。まず右手でやって、それから左手でやって、やっぱりダメ。口でもやってくれました。最初は入れ歯を入れて、それから入れ歯無しで。それでもやっぱりダメ。隣に住んでるアーリーンまで呼んでやってもらったんです。まず彼女の両手で、それから脇の下、それから膝の間で挟んでやってもらったんですが、やっぱりダメだったんです」

医師に衝撃が走ります!

「近所の人にまでお願いしたって?なんてこった!」

すると男性はこう言いました。

 

「ええ、誰も容器のフタを開けられなかったんです」

pin

コメント

おすすめの記事