アンコール!世界的ヒット曲をカバー・アレンジしたロック歌手に鳥肌が止まらない

デイビッド・ドレイマンは、アメリカのメタルバンド「ディスターブド (Disturbed)」のボーカルを務めるシンガーです。彼がアメリカの名司会者コナン・オブライエンによる番組「レイト・ナイト」に登場したとき、普段の彼の音楽とは全く違った楽曲を披露することにしました。しかし、それでも彼のパフォーマンスは数百万人の視聴者を魅了するほどの出来栄えでした。

この曲はもはや伝説的なフォーク・デュオのサイモン&ガーファンクルによる「サウンド・オブ・サイレンス」ですが、このような歌い方でパフォーマンスを行った歌手はこれまでいなかったのではないでしょうか。

彼のパフォーマンスに度肝を抜かれたのは「レイト・ナイト」の視聴者だけではありません。なんとポール・サイモン本人もまたドレイマンの斬新な曲の解釈を絶賛し、それについて自身のFacebookページに投稿を上げるほどだったのです。ドレイマンをはじめDisturbedのメンバーたちは恐らくこれまでこのようなジャンルでの成功は夢にも考えていなかったと思いますが、どうやら彼らの音楽は新たな層のリスナーを勝ち取ることができそうですね!

 

出典

LikeMag

コメント

おすすめの記事