医者の寝ている姿が密かに写真に撮られた。でもその後の展開を彼は想像できなかった。

あるとき、メキシコのとあるブロガーが病院のデスクで寝ている医師の写真を紹介しています。 写真が撮られた時刻は午前3時。仕事が忙しく、本当に眠かったのでしょう。しかしこのブロガーは、医師が仕事をサボっており、患者を待たせているとして告発目的に批判したのです。

Imgur

どうやらこのブロガーは、自分がアップしたこの写真に人々がどう反応するかを読み間違えていたようです。この後すぐに別のメキシコ人の医師が手術着のまま寝ている写真をアップし、「私も寝てしまいました」とコメントを残しました。

Imgur

医師や看護師の多くは、病院で36時間連続というシフトを頻繁にこなし、週に80時間以上も残業しているにもかかわらず残業代ももらっていないという環境で働いています。一日の勤務時間が8時間程度というのが世間の常識だということすら、知らない医師も大勢いるのが現状です。

Imgur

人間は、いつでもどこでも寝たいときに睡眠をとるというのが本来あるべき姿だと思います。

24時間ぶっ通しでバリバリと仕事をこなせるという人などいるでしょうか。医者のように集中力が重要な仕事ではなおさら、わずか数分の休憩も本当に大切なものとなるのです。

Imgur

これをきっかけに世界中の医師が、自分が勤務時間中に寝ている写真を次々とアップしています。

Imgur

決して居心地のよさそうな寝方とは言えませんが、それでも彼らにとっては数分でも目を閉じることができるだけでありがたいのでしょう。

Imgur

手術中は、当然休憩もありません。医師は究極の集中力を常に維持しているのです。しかし彼らも人間です。モーターがついているわけではないのです!

Imgur

「我々も人間だ、ロボットじゃないんだ!」と叫びたくなってしまう人もいるでしょう。

Imgur

人間は睡眠不足になると集中力が落ち、よりミスを犯しやすくなります。彼らにとってそれは人の生命にかかわる重大な問題です。

Imgur

もし自分が心臓移植を受けるため病院にいるならば、細かいところに気づけるような集中力を持った医師に手術してほしいと思うはずです。

Imgur

皆さんも、そもそもなぜ医師はこれだけ長い勤務をこなさなければならないのかと不思議に思いませんか?病院にもっとスタッフがいればこの問題はすぐに解決するはずだ、と。しかし、その問題は病院側が考えなければならないことであって、決して医師に責任はないということを理解する必要があります。

Imgur

このブロガーも、たまたま見かけた彼らのこういった振る舞いをみただけで鬼の首を取ったように騒ぎ立てる前に、もう少し考えるべきだったのかもしれませんね。相手の立場になれば恐らく私たちも同じことをやっているに違いない、ということはよくあります。目が回るような忙しさの中、まともな睡眠もとらず私たちのために働き続けてくれている医師の皆さんに、ささやかながらも感謝を伝えたいと思います。

コメント

おすすめの記事