ウソ発見器が家族の暗い秘密を暴き出す

ショッピングストアにやってきた一人の男性が、そこで面白いものを見つけました。

ウソを見抜き、ウソをついた人をひっぱたくというロボットです。こんなものが家にあったら絶対便利だな、そう考えた男性はこのロボットを一体買って帰ることにしました。

Robot de Martillo


その日の夜、彼は買ってきたロボットをさっそく使ってみようと、息子に向かってこう尋ねました。

「なあレオン、今日は学校に行ったかい?」

「うん、もちろん」

息子がそう答えた瞬間、ロボットからの平手打ちが彼を襲いました。

「イタッ!わかった、正直に言うよ、実は今日学校をサボって映画を観に行ったんだ」

彼は弱々しく白状しました。

父親はニヤッと笑って、質問を続けました。

「ほう、それでどんな映画を観たんだ?」

「『トイ・ストーリー3』だよ」

息子がボソッとそう答えると、さらにロボットからの顔面への平手打ちが彼を襲います。

はたかれたほっぺをさすりながら、信じられないといった風に頭を振って、彼はついに本当のことを話しました。

「実はアダルト映画館にこっそり忍び込んで、エッチな映画を観たんだよ」

それを聞いた父親は自分の耳を疑いました。

Angry man! >8(

「なんだって?俺がお前の年齢だった頃は、アダルト映画というものがどんなものかすら知らなかったんだぞ。それにたとえ知っていたとしても、そんなもの俺はこれまで一度だって観たことないぞ!」

するとロボットが父親の方を振り向き、閃光のようなスピードで鋭い平手打ちを彼のほおにお見舞いしました。

この一部始終をそばで眺めていた母親は、大きな声で笑い出します。やがて落ち着きを取り戻すと、母親はこう言いました。

「まったく、やっぱりこの子はあなたの息子よ、ジョン」

すると次の瞬間、ロボットは母親のほおに平手打ちを繰り出したのです!

コメント

おすすめの記事