夫を失くしたことがきっかけでダイエットを成功させた女性が皮膚8kgの除去手術を受ける

注意: 記事にはグロテスクな画像と映像が表現が含まれます。 

ナンシーとその夫は、幸せな結婚生活を送っていました。そんな二人の幸せを唯一脅かしていたものがありました。二人の健康状態です。ナンシーも夫も病的肥満で、医師から早急な減量が必要であることを告げられていました。

自力でのダイエットに幾度となく挫折していた二人は、医師から胃バイパス手術について紹介されます。胃を小さな袋と大きな袋に分け、小腸のルートを変更することで消化吸収を阻害するための減量手術を、当時ナンシーよりも深刻な状態にあった夫が手術を受けることになりました。

 

しかし、その手術中に最も恐れていたことが起こってしまいます。

Youtube/The Doctors

手術により、ナンシーの夫は凝血による静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう)を引き起こしてしまったのです。術後も夫の容態は改善を見せることなく、数日後彼は敗血症で亡くなります。あまりに突然のことで、ナンシーは長いこと夫の死を受け入れることができませんでした。

Youtube/The Doctors

夫のいない生活の寂しさを埋めるため、ナンシーは今まで以上に食べるようになってしまいます。過食を続けた結果、わずか数週間で体重は30キロも増えてしまいました。

そんなある日、洗面所の鏡に映る自分の巨体を見つめながら、ナンシーは肉体改造に挑むことを決心します。痩せて健康的な生活を手に入れたいと願っていた夫が、今の自分を見たらきっと悲しむに違いないと思ったのです。

Youtube/The Doctors

ナンシーはその日以降、ダイエットに励むようになります。医師の診察を受けながら、食事制限、運動を心がける生活を送るようになり、夫が亡くなってから増えてしまった体重を一気に落します。その後もナンシーの勢いは止まりませんでした。

Youtube/The Doctors

しかし減量を続けていくうちに、新たな問題が発生していました。太っていたころ体を包んでいた皮膚がたるみ、垂れ下がってきていたのです。皮膚専門医のアンソニー・ヨン医師の診察を受けたところ、層になって体に被さっている皮膚の間に感染症を引き起こしていることがわかりました。そこでナンシーはこの余分な皮膚を取り除く手術を受けることにします。

Youtube/The Doctors

皮膚の量を見たヨン医師は手術にはリスクが伴うことをナンシーに説明しました。ナンシーは、それが夫が受けた手術に似た危険であることを承知していました。恐れはあったもののナンシーは勇気を振り絞って手術に臨みます。

Youtube/The Doctors

長時間に及んだ手術で、ナンシーの体から大量の皮膚が切除されました。その総重量はなんと8キロ!

Youtube/The Doctors

Youtube/The Doctors

Youtube/The Doctors

手術の様子はこちらの動画でご覧頂けます。(英語音声のみ)

手術から目覚めたナンシーは手術が成功したことを聞いて涙を流したそうです。こちらが手術前と術後の写真です。

Youtube/The Doctors

Youtube/The Doctors

ナンシーは見事ダイエットに成功し、夫婦で目指していた健康をやっと手に入れることができました。おめでとうございます!

それにしても、皮膚だけで8キロとは驚きです。

コメント

おすすめの記事