大学で数学の授業を受けた。教鞭を取る人物のあまりのイケメンぶりに禁断の恋に落ちずにいられない!

数学の先生と言えばちょっぴり神経質そうで口数も少なめな、どこかとっつきにくい印象のある先生を想像する方も少なくないはず。 そんな数学の先生の固定概念を覆すイケメンすぎる数学講師が現れたと海外で話題になっています。

そもそも事の発端は、今から4年程前にイギリスの総合大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)に通っていたアリーフ・アズリがFacebookに投稿した一枚の写真です。それはUCLで機械工学を学ぶ彼が、講義をしているひとりの講師を撮影したものです。「自分の数学の講師が、トップデザイナー・モデルだと気付いた瞬間」と題されたこちらの写真をご覧下さい。

UCLで数学講師として勤務する彼の名前はピエトロ・ボセリ。実はイタリア生まれのピエトロは一流デザイナーお墨付きのトップモデルとしての裏の顔をもっていました。彼は6歳のときに超一流デザイナー、ジョルジオ・アルマーニにスカウトされ、モデルとしての仕事を開始したそうです。まるで彫刻の様な彼の美しい容姿は、きっと子供の頃から顕著だったのでしょう。

 

Pietro Boselliさん(@pietroboselli)がシェアした投稿 -

アリーフが写真をFacebookに投稿したのは今から4年前の2014年ですが、海外メディアが2015年になって取り上げた事で、この写真はネット上に大拡散!現在アリーフの投稿には2000を超える「いいね」がつき、450件以上シェアされ話題を呼んでいます。

 

Pietro Boselliさん(@pietroboselli)がシェアした投稿 -

ピエトロは博士号を取得後、2014年いっぱいで数学講師としての仕事を辞めたそうです。しかし、アリーフの写真がネットで話題になったことに目をつけたイギリスのモデルエージェンシー・Models 1がピエトロとの専属契約を発表し、現在彼はモデルの仕事に専念しています。

 

Finally summer has showed up in London too! have a good evening everyone

Pietro Boselliさん(@pietroboselli)がシェアした投稿 -

ちなみにピエトロはUCLの学部に通っていた1年生のときに学部内の最優秀学生に与えられる奨学金を受けていたほか、2014年にはヨーロッパフィットネスモデル大会で優勝に輝くなど、その美貌と肉体美は輝かしい経歴に裏打ちされています。容姿端麗なだけでなく、頭脳明晰なんて、まさに完璧人間と言えるのではないでしょうか。

 

Pietro Boselliさん(@pietroboselli)がシェアした投稿 -

ピエトロのInstagramフォロワーは、アリーフの投稿の余波を受け、15万人から現時点でなんと250万人に増加!その鍛え抜かれたカラダに魅了された多くの人が彼の動向に注目しています。これからの活躍に乞うご期待です!

コメント

おすすめの記事