いつも一緒!巨大なニシキヘビを飼っているカンボジアの少年

サンバットはカンボジアに住む11歳の男の子です。彼が飼っているペットはいわゆるところの「普通の」ペットではありません。 それはなんと、全長は5メートルを超え、重さはおよそ110キロにもなる、巨大なニシキヘビなのです!

Youtube/Journeyman Pictures

サンバットがまだ生後3か月ほどだったある日、彼の両親は彼のベビーベッドの下にヘビがいるのを見つけました。当時はこのヘビもまた赤ん坊で、体調もおよそ30センチほどしかなかったそうです。しかし、サンバットの両親がいくらこのヘビを庭に放しても、ヘビは必ず家の中に入ってきたのだといいます。両親はついにこのヘビを追い出すことをあきらめ、ペットとして飼うことを決めたそうです。家族はこのヘビを「チョムラン」と名付け、チョムランは以来11年間もサンバットの忠実な仲間として一緒に生活してきました。

この非常に奇妙な友情の物語については、以下の動画で紹介されています。

コメント

おすすめの記事