感動:電車で同席した男性が23歳の母親に残していったメモ書き

ある日、サマンサ・ウェルチと3歳になる息子のライアンは、イギリスのバーミンガムからプリマスに向かう混み合った電車に座っていました。 サマンサは、6時間かけて目的地に向かう間、息子とゲームなどをしながら退屈させないようにしながら、近くにいた他の乗客とも楽しく会話をしていたそうです。

「ライアンは他の人たちに向かってお元気ですかって聞いて回ったり、すてきな髪型ですねと言ったりしていた。彼は人を褒めるのが好きなの」サマンサは誇らしげに話します。

サマンサはまた、電車に乗っている間、息子に様々なマナーについて言い聞かせていました。例えばせきをする時は手で口を押さえたほうがいいとか、何か売店でものを買うときは「お願いします」や「ありがとう」といった言葉をわすれない、などといったことです。

やがてライアンは、お母さんの膝の上にもたれるようにして眠りにつきます。ふとサマンサが前を見ると、向かいに座っていたメガネをかけた男性が電車を降りようと立ち上がりました。しかし彼がサマンサたちの前を通り過ぎようとしたとき、彼は「これ、カバンから落としましたよ」と言いながら一枚の折りたたんだメモを彼女に渡したのです。気になったサマンサがそのメモを開いてみると、驚くべきことにそこには5ポンド札が挟まっており、さらにこのようなメッセージが添えられていました。

「これで何か美味しい飲み物でも買ってください。あなたは子どもに責任感をもって接していました。丁寧で、そして良いマナーを次の世代に伝えていた姿に感動しました。PS、私にはあなたと同じくらいの年齢の娘がいます。私もかつて知らない人から同じことをしてもらったことがあるんです。娘も子どもができたらあなたのように立派な母親になってほしいものです」

予想もしていなかったメッセージを受け取った若いシングルマザーのサマンサは、心から感動したといいます。

「私はいつも、ライアンに対して正しく接することができているのか不安だったわ。いつだってね。この子に対して厳しすぎるんじゃないかとか、時には逆に甘やかしすぎているんじゃないかしらとか、いつも心配だった。正しくあるべきだという気負いばかりが先に行っていた、そんな感じがするわ。だからこそ、他人に『あなたがやっていることは正しい』と言われたとき、もうそれですべてが楽になったわ」

見知らぬ人に言われたこの言葉は彼女に勇気を与えました。そこで彼女は何とか本人に感謝の気持ちを伝えるべく、Facebookを使って帽子とメガネをしたあの男性を探し始めます。すると1週間後、彼女の努力は実ることになりました。あの時出会った紳士は、現在50歳で4人の子どもを持つケン・サンダースという男性であることを突き止めたのです。彼はあの日、一週間の仕事のストレスを抱えて電車に乗っていたところ、若い母親とその子どもを見かけ、無気力だった日常に一筋の光が差した思いがしたのだといいます

「私の夜を明るく照らしてくれたのが彼女だったんだよ。それならば、今度は私があの子の夜を照らしてあげられれば、そう思ったんだ」ケンは説明します。

偶然の出会いがもたらした美しいエピソードですね!

出典

Dailymail

コメント

おすすめの記事