オオカミとの友情が町人に元気を与える

2003年、アメリカ・アラスカ州のジュノーに住む自然写真家ニック・ジャンズは愛犬のラブラドールと散歩中に、凍った湖の上である野生動物に遭遇しました。 一頭の大きな黒い狼が、真っ直ぐこちらを見つめていたのです。ニックはこれまでも野生の狼を安全な距離から撮影してきましたが、リードをつけていない彼の犬が狼に近づいていってしまったとき、思わず心臓が飛び上がったと言います。

Imgur/ A Wolf named Romeo

しかし次の瞬間、驚いたことに2頭は一緒に遊び始めたのです。ニックは素早くカメラを取り出し、この1枚を撮影しました。

しばらくすると狼は森の中に消えて行きましたが、まるでかくれんぼをしているかのように木々の間から何度も姿を現しました。まるで「こんにちは」と挨拶をしに出てきたかのようだったそうです。狼がまったく攻撃性や威嚇姿勢を見せなかったことは、とても珍しく特別なことでした。

Imgur/ A Wolf named Romeo

その後、恐れを知らず何度も人間の領域に姿を見せ始めたこの孤独な狼を、ニックは「ロメオ」と名付け記録するようになりました。

Imgur/ A Wolf named Romeo

近隣住民は、ロメオがいつか子供やペットを襲うのではないかと恐れましたが、ロメオに遭遇する機会が増えるにつれ、やがて強暴性や敵意がないことを徐々に理解していったそうです。

野生動物が人間の居住区に入ることの恐怖を訴える駆除派の人々も少なからず存在しましたが、保護派の意見を尊重して、実際に手を下すことはありませんでした。

ロメオの見せる異常とも言える社交性は、群れから離れて暮らし、仲間を求めていることからではないかと考えられました。通常、野生動物はなるべくリスクを排除して生きるもの。 しかし、まれに遺伝子的に縁の近い犬への好奇心が勝り、もっとも警戒すべき天敵である人間に近づく個体があるようです。

Imgur/ A Wolf named Romeo

ジュノーの住民は、ロメオが好んで出現するメンデンホール氷河公園をロメオ目当てに訪れるようになります。また、多くの人は飼い犬を一緒に連れて行きました。

ペットの犬と野生の狼の間で争いが起こったことは一度もありませんでした。どの犬もただ、ロメオと親しげに遊んでいたのです。

Imgur/ A Wolf named Romeo

ロメオはやがて人間とのコミュニケーションのコツをつかんでいきます。犬の飼い主たちが投げた枝を、くわえて持ってくるようになったのです。

Imgur/ A Wolf named Romeo

ロメオは約6年の間、町の近くに留まり、町の住人とその犬たちとの交流を続けました。しかし、2009年9月、突然姿を見せなくなります。

密猟者によって撃ち殺されてしまったのです。逮捕時、密猟者2人組は「みんなに愛されていたオオカミを殺してやった!」と口にしたそうです。その後、剥製業者の工房から、漆黒のロメオの毛皮が没収されました。

Imgur/ A Wolf named Romeo

いまも伝説として語り継がれる孤高の狼のことを、ジュノーの住民は決して忘れることはありません。ロメオがその生涯を終えた後、ジュノーの人々はロメオの思い出に湖の辺りに記念碑を建てました。多くの生き物が絶滅していくこの地球で、いったい人間は何をすべきなのか、伝説となったロメオの記録から、その答えが導かれるかもしれません。

出典

newsner.com

コメント

おすすめの記事