ジョーク: トラック運転手が弁護士と会計士をバカにする

パーキングエリアのトイレで2人の男性が自分の学歴を自慢していましたが、そこにもう一人の男が来たとき、彼らは言葉を失ってしまったようです。

MEN

 とあるパーキングエリアのトイレでは、会計士、弁護士、トラック運転手の3人が並んで小便器に向かっていました。

 やがて会計士が用を済ませ、ズボンのチャックを上げて、手を洗い始めました。彼は念入りに肘までしっかり洗っています。そしてペーパータオルを10枚ほど手に取り、2人に向かって手を拭きながらこう言いました。

「僕、ミシガン大学を出たんだけど、そこではいかに清潔であることが重要かについて教わったんだよ」

 次に、弁護士が用を足し、ズボンのチャックを上げて、指の先をチョチョっと濡らす程度で手洗いを済ませました。ペーパータオルを1枚だけ手に取った彼は2人に向かってこう言います。

「私はカルフォルニア大学バークレー校の出身なんだがね、そこでは環境問題に敏感であるように教育を受けたよ」

 そしてトラック運転手も用を済ませ、ズボンのチャックを上げて、そのままトイレを去ろうと出口に向かって歩き出します。2人をチラリと見た彼はこう言いました。

「俺はまあそこら辺の大学を卒業したが、そこではションベンを手にひっかけるなって教わったけどな」

Bright Public Toilet

コメント

おすすめの記事