洪水の中、溺れそうな子猫を犬が救出する

南アメリカ・パラグアイのアヨラスと言う町で起きたことです。2014年の夏、この小さな町は嵐に見舞われ、豪雨が続き大きな被害を受ける中、住民はただひたすら待ち続けるのみでした。この嵐で2名が亡くなり、2万人が避難を余儀なくされました。そんな中、小さな子猫が溺れかけました。頑張って泳ぎ続けようとするのですが、次第に周りの浮いているものに捉まる力も尽き、子猫は今にも水に流されて飲み込まれそうな状態だったといいます。そのとき、信じられないようなことが起こりました。

犬が水に飛び込み、猫を背中に乗っけて川を泳いで戻ってきたのです。その場に居合わせたカレン・フォルカドさんは、写真を撮ってFacebookに投稿しました。彼女はその感動をこう語っています。「この光景が信じられなかった。アヨラスで起きたこの出来事を私は一生忘れません」

この写真は、南米を中心に大きな反響を呼びました。種別を問わず子猫の命を助けた犬の姿は実に感動的ですね。

コメント

おすすめの記事