胸キュン必至!: ネズミがいかに可愛いかを全力で伝える写真作品

歴史を振り返るとネズミは人類にとって嫌われ者的な存在であり、伝染病を媒介したり食物や住居を荒らしたりする害獣として駆除の対象になったりと、常に暗黒の時代を歩んできました。

そんな評価の低いネズミたちですが、写真家のダイアン・オズダマーさんはネズミが実はいかに可愛い動物であるか写真で伝えるため、モデル(ネズミ)を前にシャッターを切っています。

小型齧歯類の最もキュートな瞬間を狙いカメラに収めます。

ネズミへのネガティブなイメージを一掃するような愛らしい姿ですね。

ネズミ好き(?)にはきっとたまらない写真ばかりです。

 

思わず抱きしめたくなってしまう可愛らしさですね。

 注意: ネズミは病原菌を媒介するリスクが高く、危険な疾患の感染源となりうるため、屋内屋外で見かけたネズミが可愛くても触るのはやめておきましょう。

出典

Bored Panda

コメント

おすすめの記事