女性の子供たちが暴力的な元夫から母親を守る

レイチェル・ムーアは、オーストラリアのブリスベンで2歳から14歳までの5人の子供たちと暮らしている母親です。 子供たちの内、上の3人は以前結婚していた男性との間にできた子供です。レイチェルは数年前、この3人を連れて暴力的な夫のもとから逃げ、以来彼とは顔を合わせていませんでした。

Youtube/agkfz

レイチェルがダリルという新しい男性と出会い、新たに生まれた2人の子供たちとともに、家族は7年という年月を一緒に暮らしました。子供たちは皆ダリルのことを、落ち着いて愛情のある父親として受け入れていたそうです。しかしある日、家族の全員が驚くような出来事が起こります。

ダリルが突然怒り狂い、レイチェルに対して暴力を働いたのです。彼が手を挙げたのはこの1度きりでしたが、前夫との記憶が蘇り、暴力が発展することを恐れたレイチェルはすぐにダリルとの関係を解消し、彼に出て行ってもらうよう伝えたといいます。

Youtube/agkfz

しかし、2人は結局子供たちのためにも何とか関係を修復しようという結論に至りました。彼らは別々に暮らすこととなりましたが互いに連絡は取り続けており、端から見れば2人の関係性はむしろこれまで以上に良くなったように見えましたが、ダリルの振る舞いが少しずつ変化していっていることにレイチェルは気づいていました。

ある日、レイチェルの携帯電話にダリルからの着信とまるで脅迫するような留守番電話が入ります。その日の夜遅く、レイチェルは家の前にタイヤのブレーキ音を響かせながら一台の車が停まったのを聞きました。ダリルが訪れてきたことを瞬間的に悟ったレイチェルは、子供たちをとっさに部屋へ隠しました。子供たちは、玄関のドアが勢いよく開いて、ダリルが家の中を歩き回る大きな足音を聞いていたといいます。

Youtube/agkfz

ついにダリルが彼らのいる部屋に入ってきたとき、彼がライフルを手にしているのを見て子供たちは恐怖しました。レイチェルは何とかダリルをなだめようと話しかけますが、彼は全く聞く耳を持ちません。そして彼はライフルを構えると、レイチェルに向けて2回引き金を引いたのです。弾はレイチェルの腕に当たり、彼女は意識を失って床に倒れます。

そのとき、上の3人の子供たちが驚くべきことに行動を起こしました。

Youtube/agkfz

当時12歳だったキャメロンがダリルの腹部をめがけて殴りかかり、なんとか銃を奪うと、それを抱えたまま家の外に飛び出してどこかに隠しに行きました。次の瞬間、ジェイデンがダリルに飛び掛かり、首に向かってチョークホールドをかけにいきます。キャメロンが部屋に戻ってきたとき、ダリルは他の2人の兄弟によって気絶させられていました。

一連の出来事の間、10歳のケーラは母親を部屋から引きずり出し、彼女の腕の傷に簡単な応急処置を施しながら警察に通報していました。

Youtube/agkfz

レイチェルは幸いにも一命をとりとめ、一時は腕の切断処置が必要かと思われた腕の、失わずに済んだそうです。ダリルはそのまま現行犯で逮捕され、現在殺人未遂の罪で裁判を受けています。

Youtube/agkfz

「子供たちの勇敢な行動がなければ恐らく自分は今ここにいなかったかもしれない」レイチェルは言います。

Youtube/agkfz

この恐ろしい体験についてレイチェルと子供たちが自ら語っている動画はこちらです。(英語音声のみ)

一躍ヒーローとなったレイチェルの子供たちは、オーストラリア国内で表彰を受け、メダルが授与されました。しかし、彼らは、あの夜母親を助け出すことができたこと、そして一歩間違えていたら母親がどうなっていたのかについて考えるのだといいます。彼らにとってあの恐ろしい夜のことはあまり思い出したくない記憶のようです。

これからは、まわりのサポートを受けながら、幸せな家庭を築かれることを祈っています。

コメント

おすすめの記事