パトカーの中から赤ちゃんリスの巣を発見した警察官

イリノイ州の警察官は数日間の休暇が明け、専用のパトカーで勤務に出ようとしました。しかしフロントライトが片方外れていることに気がついた警察官は車両を自動車修理場に持ち込みました。 修理中、整備士は何かがケーブルに噛み付いた形跡を発見します。ほどなくして、ケーブルを齧った生き物の正体がホイールウェルの内側から明らかになりました。

厚く重ねられた葉の巣の中に、生まれたてのリスの赤ちゃんがいたのです!まだ目も見えず、体毛の生えていない4匹の赤ちゃんリスが葉の中でぴったりと寄り添っていたのです。整備士はスヤスヤ眠る赤ちゃんリスをホイールウェルから無事に箱の仮設の家に移しました。

パトカーの修理が終わると、警察官は赤ちゃんリスを車が停めてあった場所に連れ戻しました。子供たちと一緒に警察官は子供リスのいる巣に母リスが戻ってくるかこっそり見張っていました。幸いにも、間もなく子リスは母リスと再会することができました。

地域によってはリスなどの齧歯類動物が車の下に巣を作ることは決して珍しいことではなく、その結果、ときにはワイヤやケーブルが噛み潰され、車に深刻な損傷を与えることもあります。

赤ちゃんリスが無傷で無事に母リスの元に戻ることができて何よりでした。

出典

The Dodo

コメント

おすすめの記事