ひどい!スーツケースに押し込められていた犬が発見される。

スペインのサンタ・クルス・デ・テネリフェという町で、スーツケースの中にピットブル犬が押し込められ、道のゴミ捨て場に捨てられていたのが発見されました。犬は、内側から小さな穴を噛み開け、そこから呼吸をしていました。無事に保護された犬でしたが、発見されるのがあと20分遅れていたらゴミ収集車によって回収され、そのまま生きて戻ることはできなかったでしょう。そのまるで奇跡のような救出劇から、この犬はスペイン語で奇跡を意味する「ミラグロス」という名前が付けられました。

救助の人たちが現場に到着したとき、彼らはまずスーツケースに大きな穴を開け、中の犬が頭を出して呼吸しやすくなるようにしたそうです。実際この作業はとても重要なものとなりました。スーツケースを壊して開ける作業が非常に難航したからです。ようやくスーツケースが開いてミラグロスを外に出そうというときに、作業にあたった人たちは犬の身体に複数の咬み傷があるのに気が付きました。

怪我を負っていたミラグロスは、獣医の元に送られ、治療が開始されました。想像を絶するつらい経験をしてきたにもかかわらず、ミラグロスは人間への信頼をすぐに回復していったといいます。獣医によれば、負っていた傷から察するに、元の飼い主から相当ひどい扱いを受けていたようだということでした。ミラグロスの人間に対する態度はまだぎこちなかったものの、傷は日に日に癒えていったそうです。

この凄惨な動物虐待のニュースはスペインのメディアを通じて、社会に怒りの波を生み出しました。その後、ミラグロスが収容されている動物シェルターに大勢の人が押し寄せ、ぜひ引き取ってあげたいという人が後を絶たなかったそうです。この事件を深刻に受け止めた警察も、元の飼い主を探すべく調査を開始しました。

そして、警察が前の飼い主を探し当てたとき、人々はこの事件が当初言われていたような残虐な考えによるものではなかったということを知ることとなります。ミラグロスの面倒を見ていたのは、セルヒオ・MJという少年とそのガールフレンドでした。ミラグロスはセルヒオのおじの犬だったそうですが、セルヒオ自身が飼っていたピットブルとミラグロスはあまり仲が良くなかったそうです。セルヒオは外出する時はいつもこの2匹を別々の部屋に入れ、お互いにケンカしないように心がけていたそうです。

しかしある日、セルヒオが家に帰ると、何とミラグロスが体中傷だらけになり、大量の血を流してぐったりと床に横たわっていたのです。彼の飼っていたピットブルもまた怪我を負っていましたが、それほどひどいものではありませんでした。この瞬間セルヒオの頭の中にあったのは、おじさんから預かっていた犬を死なせてしまった、ということだけでした。パニックになりながら、死んでしまった(と彼が勘違いしていた)ミラグロスを前にして、セルヒオはこの死体をどうすればいいのかを考え始めます。そして彼が下した決断は、死体をスーツケースに詰めて家の前のゴミ捨て場に捨ててしまう、ということだったのです。

以上のことから判明したように、セルヒオは当初考えられていたようにミラグロスに対してひどい虐待を加えていたということではありませんでした。しかし、ミラグロスが実際に死亡していたとしても、なぜ彼はこんなひどい方法で死体を処理しようとしたのでしょうか?恐らくセルヒオ自身も同じことを自問自答し、反省しているはずでしょう。

もし動物が死んでしまったと思っても、必ず獣医に連絡を取って確認してもらうようにしてください。手遅れだと思われるような状況でも、生きることをあきらめずに必死にもがく動物もいるのです。ミラグロスの存在がまさにそれを証明しています。

コメント

おすすめの記事