村のイジメに遭った84歳を励ますイエロー車両集団

イギリス、グロスターシャー州の緑の丘の間に位置するバイブリー村は、同国内でも最も美しい地域の一つに数えられます。

15年前に妻に先立たれたピーター・マドックスは一大決心をしてこの牧歌的でのどかな地域に移り住み、新生活を送ることにしました。新天地でピーターは予期せぬ「歓迎」を受けました。一部の地元住人はあまりにもくだらない理由からピーターに対して敵対心を抱いていたのです。地元民の反感の原因、それはピーターが所有する車でした。鮮やかな黄色の車が美しい景観を損なっていると一部の住民は主張したのです。一方的な敵意は高まり、完全な破損行為にまで及ぶほどでした。ピーターの車は何者かによって全ての窓を打ち砕かれ、車体に引っ掻き傷で「出てけ」と落書きされたのです。

 

車への損害は大きく、ピーターは新しい車を購入しなければいけませんでした。当初、ライムグリーンの代用車で脅威にさらされたピーターでしたが、平穏な生活を送るためにもグレーの車で妥協しました。しかしピーターに降りかかった災難を聞いた車のコレクターは愕然とし、行動を起こす決意をします。コレクターの指揮のもと、ピーターを支えるデモが結成されました。一体どのようなデモだったのでしょうか? あらゆる大きさや車体デザインの鮮やかな黄色の車が村の通りを巡回したのです。

 

黄色の車の中から100人近いデモ参加者が当惑する地元の見物人に手を振りました。

「三輪自動車からミニクーパー、果てはスーパースポーツカーのランボルギーニまで....こんなに多くの黄色い車が集まった光景は見たことがありません」と参加者の一人は語りました。ピーターはこの壮観な眺めを台所の窓から見ると、見ず知らずの人々からの応援に深く感動しました。

 

デモ参加者たちはピーターに特別なプレゼントを贈りました。リビングの棚に飾るバナナイエローのミニチュアカーです。特別な1日の素晴らしい記念となったことでしょう。新参者いじめに遭い辛い思いをしたおじいちゃんを励ます素敵なアイデアですね!

コメント

おすすめの記事