素晴らしすぎる対応:乗客1人のために飛行機が逆戻りした

あの日、アメリカ人のペギー・ウールが利用したサウスウエスト航空は、彼女にとって生涯忘れない航空会社となりました。

ペギーがその日乗ったシカゴからコロンブスへ向かうフライトは、離陸後にUターンし着陸、元のゲートへと戻ってしまいました。その際、ペギーだけがフライトアテンダント機体から降りるように言われたのです。

Imgur/CaptainRedHat

ペギーは状況が飲み込めず、もしかしたら間違えて違う飛行機に乗ってしまったのかもしれないと思ったそうです。しかし、ゲートの職員に夫に電話するように言われると、自分だけが降ろされた理由があったということをようやく理解できました。夫から、コロラド州のデンバーに住む息子が頭部に怪我を負い、昏睡状態になったことを知らされました。

突然の状況に混乱し、家族の元へいち早く着ける方法を必死に考えていたペギーに、ゲートのスタッフがサウスウエスト航空がすでに彼女のためにデンバー行きの次の飛行機の座席を確保してくれていることを教えてくれました。しかもすべてが無料でした。

「サウスウエスト航空は私に個室の待合室を用意してくれ、私の荷物を素早く転送し、いち早く搭乗させてくれ、デンバーに着いたときの昼食まで用意してくれました」ウールは言います。「荷物はそのままデンバーでの私の滞在先に届けられ、その後サウスウエスト航空から息子の具合はどうかと電話までかかってきました」

ペギーは、真心のこもったこの対応に大感激しました。この臨機応変な対応力のおかげで、彼女は息子の元に駆けつけることができたのです。この経験以来、サウスウエスト航空の大ファンになったと言うペギー。脳に深い傷を負った彼女の息子さんは、現在回復に向かっているそうです。

出典

LoveThisPic

コメント

おすすめの記事