26年かけて破壊された熱帯雨林を再生した夫婦

パメラ・マルホトラと夫のアニルは、インドの西ガーツにある熱帯雨林地帯にある「サイ保護区域」を管理しています。この地域では民間が運営する唯一の野生動物保護地区です。夫婦がこの地を訪れて保護地区とする土地を購入したのは、今から26年前、1991年のことでした。

Youtube/Infinite Windows

その土地は元々米やコーヒーなどの農園を作るために破壊された熱帯雨林でした。

「聞こえてくるのは自分の足音だけでした。木々は伐採され、広い荒野と化し、動物の気配は感じられませんでした」パメラは説明します。

Youtube/Great Big Story

26年間の歳月を経て、熱帯雨林は驚くべき変貌を遂げています。現在、300エーカー(東京ドーム約26.08148個分)に広がる保護地区は、動植物たちの楽園となっています。絶滅の危機に面した動物たちも戻ってきました。アジア象や...

Youtube/Great Big Story

ベンガルトラ、水牛などの姿もあります。

Youtube/Great Big Story

1970年には土地の86%を覆っていた熱帯雨林でしたが、プロジェクトが始められた1991年には16%を占めるだけになっていました。

Youtube/Great Big Story

「伐採され、コーヒーや米畑に利用された土地が放置された状態になっていました。元取りにするためには、多くの時間とエネルギーが必要でした」

その努力は、報われたようです。現在も続けられている取り組みは、多くのボランティアの人たちの協力に支えられています。

Youtube/Great Big Story

「26年間育ててきた森の中を歩くと、この上ない幸せを感じます」

Youtube/Great Big Story 

Over 200 species have found a new home where they're protected. An area that was once quiet and deserted is now bustling with life.

Youtube/Great Big Story

熱帯雨林は今、植物や昆虫、動物たちの音で溢れています。

こちらは、夫妻の取り組みをドキュメンとした動画です。(英語音声のみ)

森林伐採などによる環境破壊は、地球規模の深刻な問題です。パメラとアニルは、今後もこの森が保護され拡大していくことを願っています。本当に素晴らしい取り組みです。

コメント

おすすめの記事