ビニール袋の中に入れられて捨てられていた犬が救助される

ある日、イタリア南部に暮らすエミリア・ルッケセとエンリカ・ビアンキは、散歩中に黒いビニール袋が動いているのを発見しました。不思議に思った2人はこの物体に近づき、嫌な臭いを放っている袋を思い切って開けてみることにします。

想像もしていなかった中身に、2人は大きな衝撃を受けます。

ビニール袋の中に入っていたのは、なんと1匹の犬でした。生きたままゴミ袋に詰められ、捨てられいたのです。ひどく衰弱し、意識も朦朧としている様子の犬は両足をケーブルで縛られており、体にはウジが湧いていました。犬がどれほど長い間この恐ろしい状態におかれていたかはわかりませんでした。

2人はこの犬にオリベイラという名前を付け、すぐに獣医に連れていきました。そこではまた、オリベイラの後ろ脚が虐待が原因で完全に麻痺しているということも判明します。

一体どんな人であれば、このようなひどい仕打ちをすることができるのでしょうか。

その後獣医チームの懸命の介抱の甲斐もあり、オリベイラは次第に元気を取り戻していきました。今では尻尾を振ることができるようにもなったそうです!

ギリギリのところで救いの手が差し伸べられたオリベイラは幸運だったといえるでしょう。やがてオリベイラはエミリアとエンリカに引き取られ、元気に暮らしているそうです。完全に歩けるようにはなりませんが、愛情をたっぷり受けながら暮らすことができています。

また、オリビアの話を知った人々から、エミリアとエンリカのもとにさまざまな支援が届けられているそうです。アンゲラ・ビオンドという女性は、オリベイラの治療にかかる費用を集めるため募金キャンペーンを立ち上げました。警察も、元の飼い主を捜すため捜査を続けているそうです。

何よりも重要なことは、オリベイラが現在元気に暮らしているということです。トラウマや心の不安を取り除くのにはまだ時間がかかりますが、オリベイラはかつての悪夢を乗り越え、新たな平穏な暮らしを手にいれることができました。これからは、ずっと幸せに暮らしていってほしいですね。

コメント

おすすめの記事