赤ちゃんを抱えての初のフライトで泣きたくなるほど親切な女性に出会った

リベッカ・グラヴィソンは、アメリカのアラバマ州フォート・ルッカーに住む看護師です。ニックと結婚して1年になります。2人の間に娘ライリーが生まれてきたとき、2人は幸せの絶頂でした。

ニックの職業は消防士。自宅にいないことが多く、そんな夫を驚かせようとリベッカはライリーと一緒に、ニックを訪ねる旅を計画していました。

ライリーにとっては初フライト。小さい赤ん坊を連れての旅行は不安でした。しかしリベッカは飛行機の機内で驚くべき経験します。そしてその日起きたことをFacebookに投稿しました。

「今日信じられないことが起きて、伝えきれないほどの感謝の気持ちでいっぱい。小さな子どもを連れて旅行したことある人なら、あのストレスが分かると思う。今日私は、世の中には本当に親切で、本当に素晴らしい人たちがいるってことを改めて感じた。私は、ニック・ガルヴィソンを驚かせるために、この旅を長いこと計画してた。でもライリーを連れて、大きな荷物を抱えて、2人きりで飛行機に乗ることに緊張していた。午前5:30に搭乗した飛行機は満席で、とても静かだった。私の横の席には、カップルが座っていた。うっとうしそうな表情をされて、隣にライリーがいることが気に入らないことがすぐに分かった。私はさらに緊張した。そして飛行機が動き出すと同時に、ライリーが泣き始めてしまった。

私は居心地が悪くて、添乗員の人に2列前の2席連続して空いている席に移ってもいいか聞いた。「どうぞ」て言われ、すぐにそっちへ移動した。でもそこで、私たちは素晴らしい女性と出会った!その人は、その日の私たちを救ってくれた。席を移った後も、ライリーはなかなか泣き止んでくれなかった。女性は、私が緊張しているのに気づいてくれたのかもしれない。「私にやらせてくれないかしら」と声をかけてくれた。私は言われるがままにライリーを彼女に渡した。するとライリーは、すぐに泣き止んだの。飛行機が離陸すると同時にライリーは眠り、その女性の膝の上でずっと寝ていた。着陸後、飛行機から降りる時もライリーはこの女性の腕の中にいた。おかげで私はスーツケースと車のベビーシートを1つに組み合わせるのに、それほど苦労することもなかった。

ナイフェーシャ・ミラー、私の家族がどんだけあなたに感謝したことか。他の乗客のように、赤ん坊の泣き声に苛ついてもよかったのに。あなたがライリーを抱いてくれたことで、私は暫く休息を取ることができた。寝ている私の赤ちゃんをあなたが抱いているのを見て、涙が出そうだった。ライリーとの初フライトがうまくいったことと、あなたの大きな思いやりが信じられなかった。本当にありがとう!」

リベッカは、その日あったばかりの人の無償の優しさに感激しました。驚いたことに、帰りのフライトでも再びナイフェーシャに会いました!連絡先を交換し、今は友達同士となった2人のストーリーには、多くの人が心を動かされました。このリベッカの投稿は、すでに100,000以上シェアされています!

赤ちゃんを連れての旅行は大変なんです。ときには助けて欲しいのがママたちの本音。周りも、気づいてあげることが大切ですね。シェアして世界中のママたちを応援しましょう!

コメント

おすすめの記事