バスの中で授乳した母親を運転手が乗車拒否。ドイツで論議を引き起こした。

ドイツ、ハンブルグでの公共の場での授乳にまつわる出来事が、大きな物議を醸しています。 新生児を抱っこ紐で抱えた母親がバスに乗車。赤ちゃんが空腹で泣き始めたので、この母親は授乳を始めました。そのとき、運転手が乗客全員に聞こえるようにアナウンスをしたのです。授乳を止めるか別のバスに乗り換えてほしい、と。この時、この母親は運転手が本気で言っているとは信じられませんでした。すると運転手はバスを停車させ、この母親が近くのバス停まで歩くよう、バスを降りるまで乗客全員を待たせたのです。冗談ではありませんでした。

赤ちゃんに授乳しようとしただけのこの母親にとって、なんて屈辱的なことだったでしょう!この運転手の対応、どう思いますか?

コメント

おすすめの記事