超肥満女性が2年で驚愕の206kgを減量

アーカンソー州リトルロックに住む34歳の女性ニッキー・ウェブスターは、体重がなんと294kgもあります。

Youtube / TLC

「この重さには疲れ切ってしまいます。この体は悲惨、大嫌いです。でもこれは自分自身に言っているの。食べ物に依存していて、この依存症が私の寿命を縮めているの」自身の病的な肥満についてこう語っています。さらに「一日の初めから食べたくて仕方がないの」と言います。

Youtube / TLC

ニッキーは両親と暮らしており、欲しいものはなんでも全部両親が作ってくれます。毎朝、父親はミルクシェイクとお皿に盛ったドーナツを用意して階段昇降機を使って2階のニッキーの元に送ります。「ママかパパが食べ物の乗ったお皿をよこしてくれるので朝ごはんまで下に降りなくていいの」

しかしある日、ニッキーは人生を劇的に変えることを決心しました。ガストリックスリーブ手術と言われる胃を袖状に切除する手術を受け、その後は厳しい食事制限に従いました。手術からたった12ヶ月ですでに90kg以上も減量しました!これには手術で取り除いた25kg以上の余分な皮膚も含まれています。

結局、2年の間にニッキーはなんと206kgもの減量を成し遂げました。信じられません!これほど清々しい気持ちになったのは初めてだそうです。 

 

さらにおめでたいことに、外出して人生で初めてのジーンズを購入したそうです!

このビデオではニッキーがとても大きな肥満女性だった頃の生活の様子に触れています:

肥満によって命が危険にさらされてようやくニッキーの人生が変わり始めました。減量の過程では、ある友人が彼女をディナーに誘います。何年かぶりのデートでした。自身の私生活が良い方向へと向かっただけでなく、今では脳性まひに苦しむ弟を介護する両親のサポートもできるようになりました。若いニッキーの新しい人生はまだ始まったばかり。今ようやく自身の体に愛情を持てるようになったニッキーは、自分自身についても充足感を持ち始めました。ニッキー、よく頑張りました!これからも元気でいてください!

出典

Daily Mail

コメント

おすすめの記事