身なりの良い男性が盲目の物乞いからメッセージボードを取り上げ、別の言葉を書いた。すると突然、人々の気前が良くなった。

ある土曜日の朝、通りに面した開店前の店の前で1人の若い男性が座り込み、道行く人々に寄付を求めていました。 男性は見たところ20代前半という若さでボロボロの靴を履き、着ている服も着古されているように見えます。

男性は肩をすくめるようにして道に座り込んでいました。

Flickr/astonishme

彼は目の前にお椀を置き、メッセージボードを手にしていました。

「私は目が見えません。助けてください」

お椀の中にはまだ数枚の硬貨しかありません。

するとそこに1人の男性が歩み寄りました。上品な素材で身体にピッタリとフィットした黒のスーツに身を包んだ男性です。襟元が開いた白いシャツを着て、高級感漂う革靴を履いています。彼は座り込んだ男性に近づき、ちらっと彼に目線をくれると、おもむろにズボンのポケットに手を突っ込み、そこから数枚の硬貨を取り出してお椀に入れました。

Flickr/leebuntu 

そのまま立ち去ろうとした男性は突然足を止めます。何かをひらめいたように若者の方を振り向くと、彼が持っていたメッセージボードを取り上げたのです。

そこに書かれているメッセージを読んだ男性は、ボードをひっくり返して何も書かれていない面にペンで何かを書き始めます。

書き終わると、男性は自分の書いたメッセージが他の人々に見えるようにボードを若者に持たせました。そうして男性は若者に別れを告げ、歩き去っていきます。一%

出典

Shareably

コメント

おすすめの記事