シベリアの白雪姫: 8歳のアルビノの女の子

プラチナブロンドの髪に白く滑らかな肌を持つナラヤナは、ダークヘアに茶色の瞳の家族の誰にも似ていません。シベリア出身の8歳のナラヤナはアルビノ(先天性色素欠乏症であり、色素のない白い肌にちなみニックネームは「白雪姫」です。

その異彩を放つ外見から、多くのモデル事務所及び広告代理店がナラヤナに関心を示してきました。しかし母親のエレナは娘に少しでも長く普通の子供時代を過ごして欲しいと考えています。

「娘を働かせるようなことはさせたくないんです。成長すれば、自分の意志で自分の道を決めることができます」とエレナ。

「娘に聞くと、モデルになりたいと答えます」

しかし今のところ、ナラヤナは遊び時間はお絵描きやダンスに夢中のごく普通の女の子です。

ナラヤナの撮影の許可を得たフォトグラファー、バディム・ルフォフはすっかりこの小さな女の子のファンになってしまったようです。

「ナラヤナはとても美的感覚に優れていて、二時間もカメラの前でポージングしてくれたんだ。ナラヤナの目は明るい光が苦手なんだけど、それでも写真は素晴らしい出来栄えだったよ」

愛らしいナラヤナの姿を見ると、娘のために幸福な「ごく普通の」子供時代を願う母親のエレナの心境を察することができます。成長したナラヤナが将来どのような道を選ぶのか、今後が楽しみですね!

出典

Daily Mail 

コメント

おすすめの記事