用務員を体育館におびき寄せた。ドアが開いたとき、彼は涙した。

パットンさんは長年、アメリカのナッシュビルにある小学校の用務員をしています。彼は学校のマスコット的存在で、みんなの人気者です。そんなパットンさんに日頃の感謝を伝えるため、先生と生徒たちはある特別なイベントを計画しました。ある日体育館に呼び出されたパットンさんは、そこで待ち受けていたものを見て言葉を失います。


素敵なサプライズですね。感情が抑えきれなくなったパットンさんを見て、思わずもらい泣きしました。

日頃お世話になっている人に「ありがとう」をちゃんと伝えてますか?

コメント

おすすめの記事