追突された男性が示したのは怒りではなく、愛と優しさだった

フィリピン人のサイード・オマール・モラレス・アクマドは、幼い息子2人を持つ父親です。 彼はある日、運転中に後部からバイクに追突されました。そのとき、車から降りて損傷を確認したサイードはもちろんいい気分ではありませんでした。

しかし彼は、すぐに冷静を取り戻します。彼に追突したバイクの運転手がお腹を空かせた家族のために米袋を運んでいた貧しい漁師であることに気づいたのです。道路には破けた米袋からこぼれたお米が散らばっていました。サイードは漁師がそのとき、家族に食べさせてあげるものを失ってしまったことを理解しました。

警察が到着したとき、サイードは思いがけない行動に出ます。漁師に損害賠償を求める代わりに、これで代わりのお米を買うようにと財布から紙幣を取り出して手渡したのです。漁師はサイードの寛大さに涙しましたが、サイードは自分の父と祖母が教えてくれたことを守っただけだったと話しています。

「失ったものは新しいものと交換することができる。でも、他者への尊敬や愛はそうはいかない」そうかもしれないと思う方は、この話をぜひシェアしてください!

コメント

おすすめの記事