世界で最も危険な道路15選

危険な道路を無事に通り抜けられるよう、ハラハラしながら祈る思いでハンドルを握った経験はありますか?

シートベルトをしっかりお締め下さい、世界で最も危険な道路巡りに出発です!

1. コリマ・ハイウエイ、ロシア

Facebook/Palbe Dan

ヤクーツクとマガダン間を結ぶこの道路の正式名称は「コリマ」ですが、地元民は「死の道」と呼んでいます。ここは、南極大陸以外で最低気温を更新した極寒の地です。川が凍結する冬季は、地元住民はフェリーに乗るかわりに氷の上を走行しなければなりません。全長約80キロにも及ぶこの橋は1932年、囚人たちによって建設されました。

2. ル・パサージュ・デュ・ゴワ、フランス

Facebook/Palbe Dan

この道路は1日数時間しか開通しません。残りの時間は海中に沈むのです。走行する前に交通スケジュールをしっかりチェックしないと、愛車が海中水泳する羽目になります。

3. 天门山高速道路、中国

Facebook/Palbe Dan

この高速道路は全長約10キロの走行距離中に99もの曲がり角があり、高低差は800メートル以上にも及びます。勇気が入りますね!

4. 国梁トンネル道、中国

Facebook/Palbe Dan

このトンネルは村人らの手によって交通の便がなく陸の孤島状態だった集落を外の世界と繋ぐために開通されました。それ以前の通行手段は崖の下の道路だけでした。

5. ユンガスへの道、ボリビア

Facebook/Palbe Dan

この危険な道路は、毎年200人から300人の命を奪っています。車線の片側は険しい山肌、もう一方は標高約800メートルの切り立った崖。そして恐ろしいことに、ガードレールはありません。手に汗握るドライブ体験間違いなしです。

6. ハナ・ハイウェイ、ハワイ

Facebook/Palbe Dan

マウイ島のカフルイとハナを結ぶ全長約100キロのハナ・ハイウェイは、59の橋と46の一車線通行カ所があります。部分的に未舗装の道路のため、地滑りにより通行止となることもしばしばです。

7. ダルトンハイウェイ、アラスカ

Facebook/Palbe Dan

こちらは世界で最も孤立した高速道路として知られています。全長666キロの道のりには、わずか3つの小さな町が点在するのみです。食料品店、ガソリンスタンド、修理工場などもほとんどありません。恐らく世界で最も雪に埋もれた高速道路でもあるでしょう。

8. コル・ド・ラ・ボネット、フランス

Facebook/Palbe Dan

危険な山岳地帯の通行ルートはフランスアルプス山脈からイタリアの国境沿いまで標高約400〜1,600メートルを開通しています。予期せぬ急なカーブにご注意ください。

9. Transfăgărăşan、ルーマニア

Facebook/Palbe Dan

カルパチア山脈の標高1,600メートル以上に位置するルーマニアで最も高い位置にある道路です。美しい絶景と、危険なルートで知られています。

10. カルドン峠、インド

Facebook/Palbe Dan

公式記録によるとこの道路は標高5,600メートル、世界で最も高い位置にある山岳道路としてギネスブックの世界記録に掲載され、ナショナル・ジオグラフィックの認定を受けています。岩崩れと息切れにご注意。

11. アトランティック・オーシャン・ロード、ノルウェー

Facebook/Palbe Dan

沿岸の小さな町を橋で繋ぐこの道路からの絶景は訪れる価値アリです。

12. サン・ゴッタール峠、スイス

Facebook/Palbe Dan

アルプス山脈の中でも最も高い山岳道路の一つ、全長約65キロに及ぶドライブウェイから絶景は保証付です。

13. 山岳道路、ロシア・コーカサス地方

Facebook/Palbe Dan

車道の幅に不安が拭えないこの道路は、山岳を縫うように走り、ソチとリツア湖を結びます。

14. ゾジ峠、インド

Facebook/Palbe Dan

全長約14キロのこの峠道は、ラダクとカシミール渓谷地帯の生活必需品の物資運搬を担っています。山岳を走る曲がりくねった細道を通行するのは車だけではありません。

15. 江島大橋、日本

Facebook/Palbe Dan

世界の危険な道路に負けず劣らぬインパクトを放つ江島大橋。境港と松江を結びます。全長1.7 km(うち橋梁部1446.2 m)、車幅11.3 m、水面からの高さは最高で44.7 mのため、船や大型ボートも橋の下を通行可能です。

いかがでしょうか?世界の危険な道路の数々の写真に思わずめまいがしましたか?もしくは旅行熱が刺激されてしまいましたか? 土木設計事業の副産物のスリルと絶景....一度は試してみます?

出典

Bright Side

コメント

おすすめの記事