10年ぶりの妊娠 三つ子だと思っていたら一卵性の四つ子だった

キンバリー・フガーテは、いたって普通の女性です。彼女には、夫と10歳の可愛い娘がいます。 そんなキンバリーが42歳で妊娠したことが分かったとき、皆が驚きました。10年ぶりの子どもを迎えることが分かって喜びを分かち合う夫婦でしたが、それが3つ子であることが判明し、2人は腰を抜かしそうになったといいます。

驚いたのも無理ありません。今回の妊娠は計画されたものではなく、アクシデントだったからです。キンバリーは42歳という高齢で、人口受精でもなく、自然に三つ子を授かってしまったのです。

家族も医師もこの奇跡の三つ子ちゃん達を迎えるため出産に向けた準備を進めますが、わずか6か月目で帝王切開が行なわれることになります。

そのとき、信じられないことが起こりました。3人目の女の赤ちゃんが母体から取り出されたとき、キンバリーは医師の「まだ足がある」という言葉を耳にしました。よく状況が分からなかったキンバリーは不安と恐怖に包まれました。

そのとき担当医が見つけたのは、まさしく小さな足でした。4人目の赤ちゃんのものでした。キンバリーのお腹の中には三つ子ではなく、四つ子がいたのです!

「実を言うと、四つ子が産まれてきて最初はかなりショックを受けていた。先のことや生活の変化について考えてたわ。でも毎日少しずつ状況を飲み込んでいった。そして、いつからか『どうにかなるだろう』て思えるようになった」

信じられないことが立て続きに起きたフガーテ家でしたが、これ以上の驚くことはもうないだろうと思っていた矢先、さらにある事実が発覚します。四つ子ちゃんはなんと一卵性だったのです。四つ子が産まれる可能性は約80万分の1、さらに一卵性の四つ子となると確率は約1,300万分の1しかないそうです。稲妻に打たる可能性よりも低いとすると、もう奇跡としかいえません。担当医のジェームズ・ボーフィルはこう言います。「一卵性だったって報告を受けた時は、正直なところ混乱したよ。冗談だと、本気で思ったんだ」

数週間を病院で過ごした四つ子ちゃんは無事退院し、家に帰りました。キンバリーは現在、子育てに奮闘中です。

「毎朝4人の笑顔を見て、ぺちゃくちゃ互いに喋っているのを聞いていると幸せな気分になる。人生一のサプライズだったけど、もう4人無しの人生なんて考えられない」

キンバリーの生活は四つ子の登場で一変してしまいましたが、今では彼女はそのことを気にもしていないようです。人生は想像したように進まないこともあるけれど大丈夫、きっとどうにかなる、てことでしょう。

なかなか目にすることはできない一卵性の四つ子の女の子です。シャッフルしてしまったら誰が誰だか分かりません!

コメント

おすすめの記事